英語

復唱するだけ!間違いない英語学習法「シャドーイング」の効果

更新日:

「シャドーイング」という、リスニング力やスピーキング力を伸ばすのに効果的な英語学習の方法をご存知でしょうか。

シャドーイングは、英語を聴きながらほぼ同時に復唱することを繰り返すトレーニングです。

やり方だけを聞くと一見スピーキングを鍛えるトレーニングのように思うかもしれませんが、実はリスニング力を上げる効果が期待できる学習方法の1つです。

リスニング力を上げたい方はもちろん、新しい英語学習方法を試してみたい方や、ネイティブに近い発音を身に着けたい方にもおすすめの方法なので、シャドーイングを知らない方は是非この記事を読んで試してみてください。

それでは、シャドーイングの効果ややり方、効果的にリスニング力を上げるためのやり方のコツなどを紹介していきます。

シャドーイングとは

シャドーイングとは、聞こえてくる英語の音声をほぼ同時に復唱するトレーニング方法です。

文章を目で追いながら読む音読や、聞き終えてから発音するリピートと異なり、シャドーイングでは流れてくる音声を追いかけるようにして復唱します。

英文のリズムや単語のアクセントを聞こえたまま忠実に模倣するため、ネイティブに近い発音を手に入れることができる勉強方法とされています。

シャドーイングの効果

そんなシャドーイングですが、ネイティブに近い発音を身に着けられるだけでなく、様々な効果が期待できる学習方法です。

ここでは、シャドーイングの効果を大きく分けて2つ紹介していきます。

リスニングの精度が上がる

学校の英語の授業では、教科書の音読をするか、先生の発音をリピートすることが多かったと思います。

しかし、そこで学んだ英語の発音は実際のネイティブの発音とズレがあり、この知識がリスニングを難しくしていることがあります。

そこで、シャドーイングを取り入れると、発音のズレを矯正し、音の感覚をネイティブに近づけることができます。

リスニング力を強化したいときに「発音できない音は聞き取れない」とよく言われますが、正しい発音ができるようになるとおのずと聞き取ることができるようになり、リスニング力の向上につながります。

英語の発音、イントネーションが身につく

シャドーイングによって身につくのはリスニング力だけではありません。

英語にはいくつか独特な発音方法があり、シャドーイングをすることでそれらを自然と身につけることができます。

例えば、「you and me」はd音が省略されて「ユーアンミー」となる(=省略音)、「pick up」は音がつながって「ピカップ」と発音される(=リンキング)などが独特な発音方法として挙げられます。

また、日本語と英語はリズムの面でも大きな違いがあります。

日本語のリズムが平坦なのに対し、英語のリズムには強弱とイントネーションがあります。

シャドーイングをすることで、そういった発音方法や英語のリズムを正しく身につけることができます。

シャドーイングを英語学習に取り入れるべき人

シャドーイングの効果は「リスニング力が向上する」と「正しい発音が身につく」の2つと紹介しました。

それを踏まえ、英語学習にシャドーイングを取り入れるべき人は、以下の方々です。

  • 英語学習の中級者、上級者
  • リスニングパートのスコアをあげたい人
  • 英語の正しい発音を身に着けたい人

もちろん英語初心者の方でもシャドーイングを英語学習に取り入れることはできますが、「理解できる英文でシャドーイングをする」ことで大きな効果が期待できます。

そのため、簡単な英文でも構いませんが「英文を読んで理解できる」程度の知識は身に着けてから、シャドーイングに取り組みましょう。

シャドーイングのやり方

それでは早速、シャドーイングの基本的なやり方を説明します。

英文を聴く

まずはスクリプトを見ずに、どんな話題が話されているのかを聞いてざっくり把握します。

この段階ではあくまで「聞くこと」に徹し、耳から情報を得ることに集中します。

スクリプトを見ながら復唱する

次に、スクリプトを見ながら、聞こえてくる英文を追いかけるように最初から最後まで声に出して読みます。

ここでわからない単語があればチェックをつけておきましょう。文章レベルで意味がわからなければ、使用しているスクリプトのレベルを見直しましょう。

繰り返す

「英文を聴く」↔「スクリプトを見ながら復唱する」を繰り返します。

基本的なやり方は上記の通りですが、シャドーイングに慣れてきた人や上級者におすすめの方法としては・・・

  • スクリプトを見ずに復唱する
  • スクリプトのレベルを上げる(スピードを速くする、長文にするなど)
  • 音声なしで音読する
  • 音声と同時に声に出す(=オーバーラッピングと呼ばれます)

等、やり方を少しずつ変えてみるのもよいかもしれません。

シャドーイングで効果的にリスニング力を伸ばすコツ

シャドーイングの効果ややり方を解説してきましたが、シャドーイングでリスニング力を効果的に伸ばすには3つのコツがあります。

それは、「文法を理解できている英文で行う」「自分が聞き取れるスピードの英文を使う」「同じ教材を繰り返す」ことです。

文法が理解できる英文で行う

内容を理解できていない英文を使うと、ただ音声を追いかけるだけになってしまいます。

これだと英語の発音は身につきますが、意味は理解できていないのでリスニング力は上がりにくいです。

単語や文法の学習は別の方法で行い、シャドーイングでは自分のレベルにあった英文を使うようにしましょう。

自分が聞き取れるスピードの英文を使う

あまりに英文のスピードが遅いと簡単すぎますが、早すぎても理解が追いつかず身につきません。

英文のスピードは「ぎりぎり聞き取れる」くらいがベストです。

シャドーイングは音声があればできる勉強方法なので、自分にちょうどいいレベルの教材を見つけてみてください。

同じ教材を繰り返す

復唱するだけなら意外とすぐにできてしまい、ついつい新しい教材をやりがちです。

しかし、シャドーイングは同じ教材で繰り返し行うことが重要です。

先のやり方でも説明したように、スクリプトを見ないでもシャドーイングが完璧にできるようになったら、次は音声の先を越して声に出してしまうレベルまでやりこみましょう。

そこまでできて、初めて正しい発音が身についたと言えます。

シャドーイングにおすすめの教材

シャドーイング初心者向けに作られた教材

シャドーイングで使う教材は「英文が理解できるレベル」で「ぎりぎり聞き取れるスピード」がいいとお伝えしました。

加えて、「同じ教材をやりこむ」ためには、内容がおもしろいというのも重要です。

「シャドーイングをやろう!」と思い立っても、ここまでの条件が揃う教材を探すと骨が折れます。

そこで、ここではシャドーイングを始めてやる方、初心者の方におすすめの教材を2つご紹介します。

新ゼロからスタートシャドーイング 入門編

本書が初心者の方にもおすすめな点は、単語のシャドーイングから始まるところです。

そこから徐々に短い会話文、長文、ニュース英語へとレベルが上がっていきます。

日常会話で使う言い回しから、ニュースで使われるような固い表現までが網羅されているので、初めてシャドーイングをやる方にぴったりの1冊です。

決定版 英語シャドーイング[超入門]【CD付】

「はじめまして」などのあいさつから、英語での感情表現、さらには海外旅行で使えるフレーズなど、日常で使える英会話が満載の1冊です。

テキストを進めていくとインタビューやVOAニュースのスクリプトまで用意されています。

初めてシャドーイングに挑戦する人のために、継続して学習に取り組める記録手帳が付いています。まずは30時間、頑張って続けてみましょう!

過去に使っていた問題集やフレーズ集

シャドーイング慣れたら、過去に英語学習に使っていたフレーズ集や過去問も教材として使うことができます。例えば、

  • TOEIC、TOEFL、英検などのテキスト
  • TOEIC、TOEFL、英検などの過去問
  • 日常会話のフレーズ集

など英語の音声教材が付いていればなんでも構いません。

以前は細かなところまで聞き取れなかった文章も、シャドーイングをこなしていくうちに聞き取れるようになっているはずです。

シャドーイングを英語学習に取り入れ、リスニング&スピーキングを強化

シャドーイングはリスニングとスピーキングを伸ばすのに最適な学習方法で、特にリスニングの精度をあげるのに効果的です。

シャドーイングのやり方で重要なのは「自分に合ったレベルの教材を繰り返す」ことです。

正しい英語の発音を身に付けることで、今まで聞き取れなかった英文が聞き取りやすくなり、リスニングの精度が上がりやすいです。

是非シャドーイングを英語学習に取り入れて、ワンランク上の英語力を目指してみてはいかがでしょうか。

1日30分のディクテーションで効果的にリスニング力を上げる方法

短時間で"英語脳"を目指せる学習法「カランメソッド」の効果

発音できると聞き取れる!英語学習法「フォニックス」のすごい効果

-英語
-, , ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.