英語

英語の会議は怖くない!ビジネス英会話の練習方法

更新日:

外国とのやりとりが発生する企業では、国際共通語である英語での会議に、私たち日本人が参加することも珍しくありません。

最近では、社内公用語に英語を採用する日本企業もあり、英語ができることは日本国内で働く場合でも必須の能力になりつつあると言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、現在英語会議に出席している方でも、「学生時代以降、英語学習なんてしてないのに・・・」と嘆きながら、内容を理解するために必死に参加されている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、ミーティングで役に立つ英会話の習得を目指すために、まず英語の会議に必要な7つのスキルを紹介します。

7つのスキルの中から自分の足りない部分を補うのが一番早い上達の方法ですが、「そもそも何が足りないのかもわからない」という方も多いでしょう。

そういった方は7つのスキルを総合的に伸ばすのがおすすめで、そのためには実践練習を繰り返し行うことが上達への近道です。

そのため、後半では、実践練習をする場の紹介や、実践練習を組み合わせてさらに効率よく英会話を習得する勉強法を紹介していきます。

英語の会議に必要な7つのスキル

流暢な英語を喋られるだけでは、英語会議で成果を上げるのは難しいです。その理由は、英語会議では、会議に必要な力と英会話に必要な力の両方が必要だからです。

会議の中で英語を理解するのはもちろん、意見を的確に伝える力や会議を動かす力などが必要となります。

ここでは、英語での会議に求められる主なスキルを7つに分類して紹介します。

コミュニケーションスキル

英語でも日本語でも、会議の基本は人と人のコミュニケーションです。そのうえでビジネスシーンで必要なのは、シンプルで丁寧、そして距離を感じさせない英語です。

コミュニケーションをスムーズにとることができれば、会議本番だけでなく、会議前や空き時間にメンバーと会話ができ、距離を縮めやすいでしょう。

リスニング能力

会議中に活発にやりとりされる発言を瞬時に理解できるリスニング能力が必要です。

また、英語会議の参加者全員がネイティブというわけではありません。非ネイティブの参加者がいる場合もいるため、各国特有の訛りや癖に慣れておく必要があります。

スピーキング能力

ビジネス英会話で重要なのが「伝わる英語」を話すことです。

ビジネス英語はコミュニケーションツールの1つと考えましょう。

複雑で長い英語よりも、短くてメッセージが明確な英語の方が伝わりやすく文法ミスも少なくなります。まずは、中学レベルの文法で瞬時に英作文できるのを目標にしましょう。

ファシリテーション能力

ファシリテーションとは、会議の円滑化や生産性を高める行為のことです。

英語会議では様々な文化や価値観を持った人々が集まるため、認識のずれが起こらないよう論点整理をしたり、積極的に発言を促したりすることが重要です。

また、英語が苦手だからこそファシリテーションをすることで、会議の主導権を握れるようになります。

発言力

英語に自信がない方は、ついつい会議で黙り込みがち。しかし、日本人以外の人が参加する会議では発言する姿勢は評価対象の1つです。

英語学習にも言えることですが、ミスを恐れずに話す姿勢が大切です。積極的に発言する勇気が必要です。

専門的な知識

日常英会話とビジネス英会話の主な違いは、使われる単語のレベルにあります。

日常英会話は中学レベルの単語や文法で充分成り立ちますが、ビジネス英会話では使用する単語の専門性が高い場合があります。

英語での専門用語を知らなければ、発言どころか会議の内容が理解できません。

そのため、あなたの会社や業種で使われる専門的な英単語は、事前に身に着けておく必要があります。

情報を理解する力

「空気を読む」という言葉があるように、日本語は聞き手の理解力が必要な言語といわれています。

対して、英語は直接的に表現する言語のため、言葉で伝える情報量が圧倒的に多くなります。

リスニング能力と少し似ていますが、情報を即座に理解し、頭の中で整理する必要があります。

自分に足りないスキルを把握して、対策するのが上達の近道

早く英語会議で活躍できるようになりたいのなら、自分に足りないスキルを把握して、それを重点的に伸ばすことが1番の近道です。

これまでの出席した会議で、不足しているスキルを痛感されている方は、その部分を補っていきましょう。

しかし、「どこが足りていないのかわからないくらい、何も会議の内容を理解できなかった」という方や「初めて英語会議に参加するので、何が足りていないのかわからない」という方は、上で説明した7つのスキルを総合的に伸ばすとよいでしょう。

総合的に力を伸ばすには、会議のシーンを想定した実践練習がおすすめです。

実践練習を通して、アウトプットの機会を増やすことで、実際の会議でも発言ができるようになります。

実践練習は自分ひとりではできないため、大きく分けて2通りの練習方法があります。

それはオンライン英会話のレッスンを受講することと、英会話スクールのレッスンを受講することです。

以下で、具体的にその方法を紹介します。

会議で使うビジネス英会話の実践練習をする方法

英会話スクールで練習する

英会話スクールでは、会議や交渉などのビジネスシーンを想定した実践練習をすることができます。

英会話スクールの最大の特徴は、講師と対面して学習できること。

英会話のレッスンで対面ならではの緊張感を経験しておけば、実際の会議の場面でも緊張しにくくなるなどの効果が期待できます。

これまでは長期間で英語力アップを目指す英語スクールが主流でしたが、最近では2~3か月の短期間で集中して取り組む英会話スクールが増えています。

短期集中型の英会話スクールは、特定の目標や「来月の会議でプレゼンをしなければならない」等、とにかく短期間で総合的に英語力を上げたい人におすすめです。

PROGRIT

【PROGRIT】は英会話スクールではなく、厳密には英語コーチングサービスです。英語力を伸ばすために必要なノウハウを教えてもらいことができます。

プロの学習コンサルタントが、あなたの課題に合ったオーダーメイドカリキュラムを作成し、そのカリキュラムをもとに、月80時間の英語学習を短期間で集中して行います。

【PROGRIT】には3種類のコースがあり、そのうち「ビジネス英会話コース」では、ビジネス英会話で習得すべきスキルを得るための学習メソッドや、短期間で英語脳を目指す学習方法を教えてもらうことができます。

ビジネス英会話コースの費用は入会金50,000円、2か月プラン(面談回数8回)は328,000円、3か月プラン(面談回数12回)は468,000円です。

 

レアジョブ本気塾

オンライン英会話のレアジョブ英会話は有名ですが、【レアジョブ本気塾】はオンライン英会話と英会話スクールの良いとこどりしたサービスです。

【レアジョブ本気塾】はビジネス英会話に特化した2か月のプログラムで、経験豊富な日本人トレーナーがマンツーマンで英語学習をサポートしてくれます。

週に1回のトレーナーとのセッション、そしてレアジョブのオンライン英会話レッスン(回数無制限)をメインに目標達成を目指します。

約2か月間の受講で費用は350,000円(初期費用50,000円)です。

 

 

オンライン英会話で練習する

忙しいビジネスパーソンにおすすめなのがオンライン英会話です。

オンライン英会話のレッスンでは、マンツーマンで英語会議や交渉などあらゆるシーンを想定したレッスンを受けることができ、レッスン後は丁寧なフィードバックをもらうことができます。

受講可能時間はサービスにより異なりますが、だいたい早朝6時~深夜25時頃まで開講されています。

そのため、出勤前や就労後、就寝前などに英会話レッスンを受講することができます。

オンライン英会話は比較的価格がお手頃な場合が多く、初めて英会話に取り組む方やとにかく実践練習の場数を増やしたい方に人気があります。

また、レッスンを受講するスケジュールを柔軟に組める場合が多く、決まった時間に学習時間をとることはできないが、中長期間でコツコツと英語力を身に着けたい方におすすめです。

ビジネス英会話に特化したオンライン英会話「ビズメイツ」

ビジネス英語に特化したオンライン英会話レッスンを受けることができるのが、ビズメイツです。

厳しい採用条件を通過し、かつビジネス経験があるフィリピン人のみを講師として採用しています。ビジネス英会話を教える立場の講師からこそ、MBA取得者などを採用しているのです。

質の高い講師からビジネスシーンですぐに使える英語だけではなく、グローバル時代に必要なリーダシップスキルやコミュニケーションスキルなどを教えてもらうこともできます。

レッスンは5段階となっており、1番簡単なものだと中学レベルから受講することができます。そのため、初心者でも安心して受講可能です。

1レッスン(約25分)あたり290円~受講することができます。

ビズメイツのレッスンは朝5時から25時まで受講できるので、忙しいビジネスパーソンでも継続しやすいでしょう。

 

 

実践練習と合わせて!会議で使うビジネス英会話をさらに上達させる6つの方法

ここまで紹介した、英会話スクールやオンライン英会話を使った実践練習以外にも、会議で使うビジネス英会話を上達させる方法があります。

実践練習は特に1人ではできないアウトプット型の学習に最適ですが、これから紹介する方法はインプットに最適です。

インプットしたことを、実践練習でアウトプットするなど、組み合わせることでさらに効率よくビジネス英会話を習得を目指すことができます。

ここでは、6つの具体的な方法をお伝えします。

会議資料を作成する

英語会議成功の秘訣は事前準備にあります。

事前に会議内容を把握して意見を考えておくことで、英語の会議でも積極的に発言しやすいでしょう。

事前準備の方法としては会議資料作成が効果的です。自身で作成することで、事前に会議内容が理解でき、文法や単語力アップにもつながります。

会議で頻出するフレーズをストックしておく

ビジネス英会話を始めるとわかりますが、使われる英文はある程度決まっています。

何度も会議に出席すると、よく聞くフレーズが分かってくるでしょう。そのフレーズをノートにまとめてください。そして、スラスラと言えるまで何度も暗唱し、自分のものにしましょう。

フレーズストックとしてノートにまとめておき、会議に持参すれば、万が一忘れてしまっても安心です。

会議を録音する

可能ならば、会議の録音をしておき、後で聞き返して内容を理解しましょう。

会議内で出た知らない単語はノートに書き写して、使えそうなフレーズはストックしてください。

頭の中に多くのフレーズをストックしておくと、後は単語を入れ替えるだけで意見を出せるようになります。

会議の議事録を作成する

英語会議だけでなく、会議の内容を共有する目的で、会議の議事録を作るのが定番です。

はじめは難しいかもしれませんが、会議の議事録を積極的に作成しましょう。

実際の会議で話を聞きながら内容をまとめ、議事録を作成するのはかなりレベルが高いため、初めは会議を録音しておき、停止しながら要点をまとめていくと議事録を作りやすいです。

議事録作成は会議で決定した内容の復習・確認だけでなく、文法やフレーズのおさらいに効果的です。

英語の議事録作成時のポイントは、分かりやすくシンプルに書くこと。

極論を言えば、会議で決まったこと・決まらなかったこと・各メンバーがすることと期日され書かれていればOKです。

英語で議事録を作成できれば、重宝されるだけではなく、自分自身の英文メールや資料作成にも役立てることができます。

英字新聞を読む

英字新聞やニュースサイトは、英単語の学習に効果的です。

ビジネス英会話を学びたいのなら、ビジネス系の新聞を読むとよいでしょう。

業界に特化したニュースなら、普通の単語帳には出てこないような専門単語も学ぶことができます。

ビジネスニュースの他にも、世界中で話題になっているニュースに目を通しておけば、アイスブレークの良いきっかけとなるでしょう。

会議のシーンに特化した英語の問題集を利用する

英語会議のシーンに特化した参考書や問題集は、会議の決まり文句やフレーズがわかりやすくまとめられています。

実際の会議を想定して作成されているため、繰り返し使用すると会議で必要な言い回しは一通り覚えることができます。

付属のCDがある場合、リスニング力や正しい発音を習得するために、シャドーイングをするのもおすすめです。

おすすめの問題集

CD付 英語の会議 直前5時間の技術 (しごとのミニマム英語)は、「突然英語の会議に参加しろと言われた」という設定で、会議の直前5時間で口と耳を慣らすことができるプログラムです。

講師によるマンツーマンレッスン風の解説に従って学習を進めることができます。

フレーズ集だけでなく、「会議の流れの中で発言する方法」など、英語の会議の定番形式についても解説されており、会議中の発言のルールや質問の仕方を学ぶことができます。

英語の会議に参加するシーンを想定しているため、「発言する前に英語が下手なことを詫びたい」「無礼にならない反対意見の言い方を知りたい」など、日本人ならあるあるのフレーズも厳選されており、会議で強い味方になってくれる1冊です。

会議のビジネス英会話習得は実践練習+αがおすすめ

会議で使える英語を身に着けるには、ここまで紹介してきた7つのスキルを総合的に身に着けることができる実践練習がおすすめです。

実践練習の場としては、オンライン英会話と英会話スクールがあります。

中長期的に自分のペースで英会話を身に着けたい方はオンライン英会話、短期間で集中的に身に着けたい方は英会話スクールがおすすめです。

ただし、実践練習のメインの目的はアウトプットです。

インプットあってこそのアウトプットなので、英語新聞や参考書などで日常的に良質なインプットをすることを忘れないようにしてください。

【初心者向け】5つのポイントで決める!オンライン英会話の選び方

価格だけじゃない!「英会話スクール」と「オンライン英会話」の違い

1日30分のディクテーションで効果的にリスニング力を上げる方法

短時間で"英語脳"を目指せる学習法「カランメソッド」の効果

復唱するだけ!間違いない英語学習法「シャドーイング」の効果

発音できると聞き取れる!英語学習法「フォニックス」のすごい効果

-英語
-, , , , ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.