英語

1日30分のディクテーションで効果的にリスニング力を上げる方法

更新日:

英語学習において、リスニングの対策にお悩みの方は多いと思います。

リスニングは「発音できない音は聞き取れない」ともいわれ、英語の発音に不慣れな日本人は苦手意識を持っている方が多いです。

苦手意識があるとはいえ、リスニング力を伸ばしたい、リスニングパートで点数を上げたいあなたに、おすすめの勉強法があります。それは、”ディクテーション”です。

ディクテーションは「リスニングの精度」を上げることができ、さらに、ディクテーションを他の勉強法と組み合わせて行うと、リスニング力だけでなく、総合的な英語力の向上も目指すことができます。

ディクテーションについて興味が湧いてきた方も多いと思います。

それではまずディクテーションとは何か、その効果を紹介し、実践的なやり方をお伝えします。後半では、リスニング力を効果的に伸ばすコツも紹介しますので、是非参考にしてください。

ディクテーションとは

ディクテーションとは、英語の音声を聴いて文字に書き起こすことです。

リスニングとの違いは、英語を聞き流すのではなく、集中して聴いて、聴いたものを文字にするという点です。

ディクテーションの効果

ディクテーションを行うことの効果はたくさん挙げられますが、リスニング力を上げたい場合にディクテーションを取り入れると大きく3つの効果が期待できます。

集中力が高まること、リスニングでの自分の弱点がわかるようになること、英語力を総合的に伸ばすことができることの3つです。

リスニング中の集中力が高まる

実際にやってみるとよくわかりますが、ディクテーションはリスニングよりずっと高い集中力が必要です。集中しないでただ聴くだけだと、ほとんど何も文字に起こすことができないほどです。

ディクテーションをする際には、しっかりと集中して聴きます。そして聴いたものを文字にします。この繰り返しで、必然的に集中力が高まっていきます。

英語の試験などリスニング本番でも、集中して英語を聴くことができるようになります。

リスニングにおける自分の弱点がわかる

ディクテーションでは、英語をたくさん聴くだけでは分からない、自分の弱点を知ることができます。

英語を聞き流すだけでは、分からない単語や文があっても内容はだいたい分かることがあるでしょう。英語学習の初心者の場合は、内容が分かるだけでも大切なことです。

しかし、英語力をもっと伸ばしたい、リスニング力が伸び悩んでいると感じるなら、ディクテーションで自分の弱点を知ることが必要です。

ディクテーションできなかった部分を見ると、リエゾンと呼ばれる音と音のつながりが聴き取れなかったのか、知っている単語だけど発音を正しく知らなかったのか、などの弱点が分かるようになります。

自分の弱点を知って、その部分を強化していくことで、リスニング力を伸ばすことができます。

リスニング以外のスキル向上も期待できる

ディクテーションで伸びるのは、リスニング力だけではありません。

聴いた英文を文字にすることは、文法を正しく知っていないと難しいです。そのため、書き起こしたものが文章ではなく、単語になる傾向があれば、文法を正しく理解しなおす必要があるとわかり、対策することで文法の理解が深まります。

英語を聞き取って分からない部分があると、他の部分から推測して答えを考えることも必要です。このように文脈から推測する力も伸びます。また、英語で聴きとることができる単語は、スピーキングの際に自分でも正しい発音ができるようになります。

特に、後ほどご紹介するように、ディクテーションした後、音読をして復習することで、スピーキング力を伸ばすこともできます。

リエゾンについても同じで、音と音のつながりを聴き取ることができれば、自然な英語が話せるようになるでしょう。

ディクテーションを英語学習に取り入れるべき時期

ディクテーションを英語学習に取り入れるべき時期は、英語の上達がとまったと感じたときや、初心者からステップアップしたいときです。

ディクテーションのやり方

それでは、ディクテーションのやり方を紹介します。ディクテーションは次の5つのステップで行います。

ステップ1:英文を聴いて内容理解

1回目は音声を停止せずに、英文を聴いて内容を把握します。

この段階で、ディクテーションの教材を聴いてみて、内容が70%ほど理解できるようなら次のステップに進みます。もし、70%も分からないような英文なら、他の英文に変更することをおすすめします。

ステップ2:文単位で停止して書きとる

英語を聴いて、再生を停止するタイミングは文ごとが理想的です。

しかし、ディクテーションにまだ慣れないうちは、意味のまとまりや、自然なポーズなどで、短く区切って停止しても良いでしょう。注意することは、1単語ずつで停止しないことです。

ステップ3:繰り返し聴く

ディクテーション教材は1~2回聴いて終わりではなく、3回ぐらいは聴くようにします。何十回も聞く必要はなく、「これ以上聴いてももう分からないな」というところで終了しましょう。

ステップ4:答え合わせ

ディクテーションしたものと、原文を照らし合わせます。書けなかった部分はどこか、なぜ分からなかったのかを分析します。

ステップ5:音読して復習

最後は、原文を音読します。

この際は、原文の音声を聴いて、後に続いて音読する形をおすすめします。どのように発音するのか、文の中で強弱をつける場所などを意識して音読するようにしましょう。

基本的なディクテーションのやり方をご紹介しましたが、自分のレベルに合わせて少しアレンジするともっと効果的です。

  • 簡単な英文を選んでも全く聞き取れないのであれば、速度を遅くして再生する
  • 簡単に感じてきたら、英文を少し長い文章にする など

効果的にリスニング力を伸ばすディクテーションのコツ

効果的にリスニング力を伸ばすためには、いくつかコツがあります。それは、簡単な教材を使うこと、量よりも質を重視すること、長時間やらないことの3つです。

簡単な教材を使う

ディクテーションの教材を選ぶ際は、70%以上は理解できる英文を選びましょう。内容が理解できないものを教材にしてしまうと、ディクテーションはかなり難しくなります。

最初から難しすぎるものを選ぶと挫折してしまいやすくなるので、まずは簡単な教材でディクテーションを行い徐々に慣れていきましょう。

量よりも質を重視する

リスニング力を伸ばす上で、たくさん英語を聴くことが大切だとよく聞くと思います。しかし、ディクテーションの場合は、量よりも質を重視してください。

いろんな英文や教材を使うよりも、1文1文に集中して取り組むようにしましょう。

長時間やらない

「量よりも質を重視する」と少し被りますが、ディクテーションはたくさんの量を聴くことが重要ではないので、長時間行う必要はありません。

1日30分以内がディクテーションに取り組む時間の目安です。これ以上長いと、継続して行うことが難しくなってしまう可能性が高いので気をつけましょう。

ディクテーションにおすすめの教材

ディクテーションの効果や、やり方をお伝えしたところで、おすすめの教材を紹介します。はじめは、ディクテーション用の教材を使ってみることをお勧めします。

CD付で穴埋め問題からディクテーションができる教材

教材を選ぶ基準は、CDなど音声がついていて、英文1文を全てディクテーションするのではなく、穴埋め問題形式になっているものがおすすめです。

ディクテーション用の教材はいくつかありますが、この記事では、ペンシルべニア州立大学大学院スピーチ・コミュニケーション学科の修士課程を修了し、TOEIC990点を取得している宮野智靖氏の書籍を紹介します。

ゼロからスタート 英語を聞き取るトレーニングBOOK

「ゼロからスタート 英語を聞き取るトレーニングBOOK」は、1日10分のディクテーションを31日間続けることで、リスニング初心者が中上級レベルになれるという本です。価格は1,512円。

内容は短い文からアナウンスまで、様々な英文が収録されているので、レベルに合わせた英文で、徐々にステップアップしていくことができます。

普段使っている参考書・問題集

ディクテーション初心者向けの教材でやり方に慣れてきたら、すでにお持ちの教材を使用することも可能です。

例えば、TOEIC・TOEFLなどの試験勉強用教材や、日常英会話のフレーズ集などを使うことができるでしょう。ディクテーションをお手持ちの教材で行う際に教材を選ぶポイントは、内容をある程度理解できているかと、CDなど音声のある教材かという点です。

ディクテーションの教材は何度も聞きますので、好きな問題集を使用して、モチベーションを上げるためにディクテーションを行うのも良いかもしれません。

ディクテーションができるアプリ

スマートフォンなどで気軽にディクテーションができるアプリがあります。

ディクテーションをするために、英文を書き写すノートや教材を準備する必要がありますが、ディクテーションができるアプリならその必要はありません。より手軽に英語学習にディクテーションを取り入れることができるので、初めてディクテーションにチャレンジする方にもおすすめです。

ここでは、リクルートの英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH」を紹介します。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース

スタディサプリ ENGLISHには3つのコースがあり、どのコースでもディクテーションを行うことはできますが、「TOEICの学習にディクテーションを取り入れようか悩んでいる」「TOEICでスコアアップしたい」という方には、「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」がおすすめです。

このコースは、TOEICのスコアアップを目指す方に向けたプランで、インプット(理解)とアウトプット(練習)を繰り返すことで、TOEICのスコアアップを目指します。

このアウトプット(練習)のトレーニングにディクテーションが取り入れられています。

英単語を入力するキーボードの設定(入力制限の有無)や、音声速度を選択することができ、自身の成長に合わせたリスニングトレーニングができます。難しい問題は「パスボタン」で一度飛ばして、後で反復学習することで苦手を克服することも可能です。

スタディサプリ ENGLISHは7日間無料で、全機能を試すことができるので、是非一度試してみてください。さらに今なら6月14日までの期間限定で年間受講料が割引になるキャンペーンを実施しています。

ディクテーションで1ランク上のリスニング能力を目指そう

この記事では、英語学習法の1つのである”ディクテーション”について解説してきました。

  • 集中して聴くことでリスニング力を鍛える
  • 自分の弱点を知って英語力を強化する
  • ディクテーションは特に英語力が伸び悩んでいる人におすすめの勉強法

リスニング力を伸ばしたい方、一段階上の英語力を目指したい方は、是非英語学習にディクテーションを取り入れてみてはいかがでしょうか。

短時間で"英語脳"を目指せる学習法「カランメソッド」の効果

復唱するだけ!間違いない英語学習法「シャドーイング」の効果

発音できると聞き取れる!英語学習法「フォニックス」のすごい効果

-英語
-, , ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.