IT・WEB・DESIGN

基本情報技術者とは?資格を活かせる職種、試験内容、合格率、申し込み方法など

投稿日:

この記事では、基本情報技術者について説明しています。基本情報技術者資格が活かせる職種、試験内容や合格率、申し込み方法などを紹介します。             

基本情報技術者とは         

ITエンジニアをはじめとする、ITに関わる人が基本的な技術や知識を持ち、上位者の指導の下に業務を行うことができることを証明する国家資格です。             

基本情報技術者の役割・仕事内容  

基本情報技術者試験に合格すると、ITに関するソリューション・製品・サービスを提供することが求められます。

例えば、

  • クライアントが直面している課題に対して、情報技術を活用した戦略立案を立てる
  • エンジニアとして、システムの設計・開発を行い、信頼性・生産性の高いシステムの構築をする
  • 構築したシステムの運用や保守をサポートする

などが具体的な業務として挙げられます。

基本情報技術者試験の知識が活かせる職種  

社内エンジニア  

社内エンジニアは、その名の通り、自社内の情報システムの企画や安定的なシステム運用を担う職種です。

会社によってその役割は異なりますが、多くの場合開発だけを担当するのではなく、ITの知見を活かして経営に関わっていくことが多いです。基本情報技術者試験はITに関する基礎知識はもちろん、マネジメントやストラテジ分野からの出題もあるため、学習した内容を業務に活かすことができます。

ソフトウェアエンジニア  

ソフトウェアエンジニアとは、ソフトウェアの設計やプログラミングを担当する職種です。

ソフトウェアといっても、パソコン上で動くアプリケーションから電子機器まで、幅は広いです。ソフトウェアエンジニアとして最低限必要なITの知識や、情報処理に必要な論理的な考え方を、基本情報技術者試験で身につけることができます。

ネットワークシステムエンジニア  

ネットワークシステムエンジニアとは、コンピュータネットワークの設計・構築から、運用・保守までを行う職種です。

ネットワークシステムエンジニアはデータ通信に必要な様々な技術を使いこなしてネットワークを設計します。基本情報技術者試験の範囲では特に、ネットワークやセキュリティに関する知識が求められます。        

セールスエンジニア         

セールスエンジニアは、専門知識を有しながら、営業をメインで行う職種です。

クライアント側の技術者担当と調整や交渉をし、システムを導入する提案や販売を行うことが求められます。自分でシステムを作らないとはいえ、クライアントの方と対等に話さなくてはならないため、幅広くIT知識が必要です。

基本情報技術者試験で幅広い範囲を勉強することで、より深い知識をつける土台を作ることができます。

基本情報技術者試験の概要

基本情報技術者試験とは、情報処理技術者として基礎的な知識や技術があることを証明する試験です。

ITエンジニアをはじめとする、ITに関わる人を対象としています。IT人材を目指す第一歩目としておすすめの試験です。情報処理技術者試験の1つとして、IPA(情報処理推進機構)により試験が行われています。

IPAの情報処理技術者試験の中では、レベル2に属する試験であり、プロフェッショナルとなるために必要な基本的知識・技能が求められるレベルになっています。

試験内容             

ストラテジ系(経営全般)・マネジメント系(IT管理)・テクノロジ系(IT技術)に大別することができます。

実際のプログラムの動きやルールを問う、アルゴリズムやプログラミング言語も出題されます。

試験は午前問題と午後問題に分かれています。

午前問題は小問形式、80問を解答します。試験時間は150分です。午後問題は大問形式、長文問題13問の中から、7問を解答します。試験時間は150分です。午前・午後ともに100点満点中60点以上取ることができれば、合格となります。  

合格率・難易度  

平成31年度春期試験の合格率は、22.2%でした。

IPAの試験区分でレベル1であるITパスポート試験の合格率が48.8%であることを考えると、ITパスポートよりは難易度は少々高いです。しかし、IPAの他の国家資格と比べると合格率は高いといえるでしょう。     

受験資格             

受験資格は特にありません。

IPAの試験は、全て受験資格はないので、好きな試験から受けることができます。

基本情報技術者試験はレベル2であるため、ITに全く触れたことがないという方は、レベル1であるITパスポート試験から取得していくと、学習につまずきにくいでしょう。

ITパスポートとは?ITや情報処理技術に関連のはじめの一歩に最適

試験日程             

例年、春期試験(4月)と秋期試験(10月)の年2回行われています。            

受験料  

5,700円(税込)

申し込み方法      

IPAのホームページから受験申し込みできます。      

基本情報技術者からスキルアップ!関連する資格・試験一覧         

応用情報技術者試験         

応用情報技術者試験とは、ITエンジニアを目指す方のための試験です。基本情報技術者試験の1つ上である、レベル3の試験になります。特定の分野に偏らず、ITの総合力を問う試験の中では最難関の試験になります。 

ITストラテジスト試験     

ITストラテジストは、経営とITを結びつける戦略家のための試験です。ITを活用した経営戦略を構築するITコンサルタントなどを目指す方におすすめの資格です。

ITストラテジストとは?難易度や合格率は?上流でのキャリアを目指す人におすすめの資格

システムアーキテクト試験             

システムアーキテクト試験は、システム開発において上流工程を主導する役割を目指す方のための試験です。          

システムアーキテクトとは?仕事内容、試験の出題内容、合格率や難易度は?

プロジェクトマネージャ試験         

プロジェクトマネージャ試験とは、プロジェクトを計画し、管理・運営するマネージャを目指す方に最適な試験です。この試験では、プロジェクトを円滑に進めるために、要員・資源・予算・工程・品質などを管理できる知識があるかが問われます。

プロジェクトマネージャーとは?仕事内容や資格の概要、必要なスキルは?

ネットワークスペシャリスト試験  

ネットワークスペシャリスト試験とは、ネットワークの技術やサービスに精通し、ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す方に最適な試験です。ネットワークの技術やサービスは日々進化し続けているので、新しい知識を取り入れながら最適なシステム構築ができるかどうかが問われます。      

データベーススペシャリスト試験  

データベーススペシャリスト試験とは、データベースを駆使してビジネスに活用する、データベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す方におすすめの試験です。データベース技術の動向を掴み、高品質なデータベースを開発・運用・保守するための知識や実践能力が問われます。     

基本情報技術者資格を取得し、IT基礎を身に着けよう            

基本情報技術者試験の資格について、試験概要や難易度、スキルアップのための上位の資格についてまとめました。

  • 基本情報技術者試験は、IT業界で働く上で基礎的な知識や技術を問う試験
  • IT業界で活かせる基礎的な知識や技術をつけるには最適

基本情報技術者試験は、IPAの国家資格の中でも比較的合格率は高めで、取得しやすいといえるでしょう。基本情報技術者試験に合格した後は、自分のスキルアップのために、応用情報技術者試験をはじめとする上位の試験にチャレンジしてみてください。

忙しいあなたにおすすめ!STUDYingの基本情報技術者試験講座  

STUDYing(スタディング)」は、受講者3万人を突破したオンライン資格講座です。

自分で学習計画を立てなくても、順を追って学習すれば合格レベルを達成できるように学習フローが設定されています。

問題練習が充実しており、無理なく合格できる実力を隙間時間で身に着けることができます。また、マルチデバイス対応で、スマートフォンやPC、タブレットで受講することができます。

-IT・WEB・DESIGN
-, ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.