コラム

公務員の種類を解説!国家公務員と地方公務員、職種、試験内容などの違いを解説

更新日:

この記事では、公務員の種類を、職種や試験科目など様々な分類基準を設けて解説します。

国家公務員と地方公務員、職種、試験内容、試験区分と試験科目などの違いを説明します。

一口に公務員と言っても、その種類はさまざまです。

ここでは、複数の分類基準を設けて公務員の種類を説明します。

国家公務員と地方公務員の違い

公務員の種類は、まず国家公務員・地方公務員に大きく分けられます。

国家公務員と地方公務員の種類には、以下のようなものがあります。

国家公務員

  • 国家総合職、国家一般職
  • 国税専門官・財務専門官・労働基準監督官
  • 皇宮護衛官
  • 裁判所職員総合職・一般職
  • 法務省専門職員、外務省専門職員、防衛省専門職員
  • 航空管制官
  • 衆議院・参議院事務局職員
  • 国立国会図書館職員
  • 国立大学法人等職員

国家公務員とは、中央省庁やその出先機関、国会、裁判所などで勤務する公務員のことを指します。経済や環境、税金、労働問題などに関する政策の立案、予算編成、法令整備、国会対応、統計調査などを行い、国家の運営に携わります。

国家単位のスケールの大きい仕事を担えることが、国家公務員の魅力です。

地方公務員

  • 都道府県、政令指定都市、その他市町村の職員
  • 警察官・消防官

地方公務員とは、県庁や市役所などの自治体組織で勤務する公務員のことを指します。健康促進、教育や福祉の充実、文化・スポーツ活動の推進など、地方行政に関する企画立案・運営を行います。

地域に密着した仕事ができることが、地方公務員の魅力です。

公務員の職種の違い

公務員を職種で分類すると、総合職、一般職(事務職)、技術系職種、その他の専門職の4つに分けられます。

総合職

公務員の総合職には、国家総合職と裁判所職員総合職の2つがあります。

国家総合職とは、中央省庁で特定分野の政策の企画立案を行う、いわゆるキャリア官僚と呼ばれる職種です。幹部候補として様々な仕事に携わり、早いスピードで昇進していきます。

裁判所職員総合職には、裁判所事務官もしくは家庭裁判所調査官補としての採用形式があります。裁判所事務官は、総務課・人事課などといった事務局や民事部・刑事部といった裁判部に配属されます。家庭裁判所調査官補として採用されると、養成課程を経て家庭裁判所調査官に任命され、家庭に関する事件や少年事件の審判および調停に必要な調査を行います。

国家公務員総合職とは?試験の仕組み、難易度、倍率、初任給は?

一般職(事務職)

公務員の一般職(事務職)には、国家一般職、裁判所職員一般職、地方公務員(行政系)があります。

  • 国家一般職とは、先述した総合職の職員が立案した政策を運用する仕事です。主に事務処理等の定型的な業務に携わります。
  • 裁判所職員一般職として採用されると、裁判所事務官として総務課などの事務局や民事部、刑事部などの裁判部に配属されます。
  • 地方公務員(行政系)は、一般行政、教育行政、警察行政、福祉行政などの区分があります。これは自治体によって、区分の種類や名称が異なります。

国家公務員一般職とは?試験の難易度、倍率、勉強時間のまとめ

技術系職種

国家公務員・地方公務員を問わず、技術系の職種として一定数採用されています。国家公務員では、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学などの区分で、地方公務員では、土木、建築、機械、電気などの区分で募集を行っています。

※地方公務員は、自治体によって区分の名称が異なる場合があります。

国家公務員の技術職の場合、採用先の例として、国土交通省や農林水産省、環境省などが考えられます。

例えば、国土交通省の職員の場合、河川事業や道路整備などのインフラ整備に関する政策決定・運用に携わります。地方公務員の技術職の場合、公共建築物などを新築する際の計画・設計・工事管理などに携わります。

その他の専門職

公務員の種類には、上記で挙げた職種のほかに、以下のような専門職があります。

国家系

  • 国税専門官・財務専門官・労働基準監督官
  • 皇宮護衛官
  • 法務省専門職員、外務省専門職員、防衛省専門職員
  • 航空管制官
  • 衆議院・参議院事務局職員
  • 国立国会図書館職員
  • 国立大学法人等職員

地方系

  • 公立中学校事務・社会福祉士・保健師・保育士・(管理)栄養士など
  • 警察官・消防官

専門職は、勤務する機関に応じて試験内容が特殊になる場合が多いです。受験する場合には、事前に確認しておきましょう。

公務員試験の内容の違い

公務員の試験は、職種に応じて試験の実施内容が異なります。具体的には、専門試験、教養試験、人物試験などがあります。以下で、それぞれの試験について説明します。

※この記事では説明していませんが、警察官や消防官などの試験では実技試験が課されることもあります。

専門試験

専門試験は、多くの大卒程度の国家公務員試験と、都道府県や政令指定都市で必須となっています。専門科目は、受験する区分によって出題される科目が全く異なります。

試験区分ごとの試験科目の違いについては、「試験区分と試験科目の違い」の項目で例を挙げています。また、市役所の試験では、専門試験が課されないことが多いです。

教養試験

教養試験は、公務員試験の全般において必須となっています。専門試験のみの試験もありますが、ごく稀です。

教養試験科目は、一般知能と一般知識の2つに分かれます。一般知能とは文章理解と数的処理の2科目、一般知識とは人文科学・自然科学・社会科学・時事問題の4科目です。

人物試験

人物試験とは、いわゆる面接試験のことを指します。公務員試験の人物試験は、基本的には個人面接となっています。

地方公務員試験では、自治体ごとに、面接回数や形式(個人or集団)が異なります。また、グループワークを実施している自治体もあります。

公務員試験の試験区分と試験科目の違い

公務員試験は、同じ職種として採用される場合でも、試験区分が複数用意されている場合があります。その区分に応じて、専門試験科目が異なります

例えば、行政事務系であれば、憲法や民法などの法律科目、ミクロ・マクロなどの経済科目、政治学や行政学などの政治社会科目があります。技術系区分であれば、土木、建築、機械などの各専門分野別の専門科目が課されます。

複数の出題科目から自分で科目を選択する形式が多いので、科目をあらかじめ絞ると効率よく学習を進めることができるでしょう。

公務員試験の採用倍率の違い

公務員試験の採用倍率は、人事院や各地方自治体のホームページで公表されています。ここでは例として、国家総合職(大卒程度)、国家一般職(大卒程度)、地方公務員(行政事務系)の倍率を記載します。

国家総合職

  1次試験倍率 最終倍率
政治・国際区分 11.2倍 21.7倍
法律区分 10.0倍 21.4倍
経済区分 4.8倍 10.5倍

国家一般職

  1次試験倍率 最終倍率
行政(関東甲信越)  4.7倍 6.8倍

地方公務員

  1次試験倍率 最終倍率
行政(一般方式) 2.4倍 6.1倍

公務員試験の採用倍率を見る際には、試験によって受験者の性質が異なることを考慮する必要があります。

例えば、国家総合職の受験者は、東大や京大、早慶以上の学生が多いと言われています。地方公務員の受験者であれば、UターンやIターンを目的として、その自治体を受験することが考えられます。

また、公務員試験の受験者には、一定数の記念受験層がいます。そのため、公務員試験の採用倍率は、比較的高く出やすくなっています。

参考

公務員試験の難易度の違い

公務員試験は、当然ながら試験種によって試験内容は同一ではないため、難易度に差があります

国家総合職や東京都Ⅰ類の試験は、上述したように受験層は難関大学の学生が多く、公務員試験の中でも一般的に難関試験と言われています。また、地方公務員上級の試験は、自治体や実施年度によって差が大きくあります。

そのため、公務員試験の難易度は、受験層や実施団体の違いなどの理由から、難易度に関する比較が難しいです。

人事院や各自治体のホームページにて採用倍率や基準点、過去の試験問題が公表されていますので、公務員試験の受験を考える際には、これらの情報を参考にするとよいでしょう。

公務員の種類は様々!志望先に応じて試験勉強を始めよう

  • 公務員の種類は、国家か地方か、職種、試験内容・区分・科目、採用倍率・難易度などによって分けることができる。
  • 試験の種類は、専門試験・教養試験・人物試験の3つに分けられ、試験区分によって科目が異なる。
  • 試験難易度は一概に判断ができないが、過去問題や倍率などを見て判断するのが良い

この記事では、公務員の種類を様々な基準から分類して紹介しました。一口に公務員と言っても、職種や仕事内容、試験科目、難易度に違いがあります。

志望先が決まっていない場合は、公務員試験の全般で必須となる教養試験の対策などから勉強を始めるとよいでしょう。

志望先が決まっている場合、自分の受験する試験区分、科目がわかるため効率よく学習することができますので、是非内容を参考に志望先を選んでみてください。

最低限知っておくべき国家公務員総合職2次試験対策

国家公務員総合職、教養区分試験対策!試験日程や内容など

国家公務員一般職試験対策!勉強スケジュールやおすすめの勉強方法など

-コラム

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.