資格

色彩検定の資格は役に立つ?生かせる仕事、試験内容、合格率など

投稿日:

色彩検定と聞くと、「取得しても意味がない」「役に立たない」「名前は知っているけど実際にどういう資格かは知らない」という方も多いでしょう。

この記事では、色彩検定は役に立つのか、また、色彩検定の受験料や合格率、試験内容などを紹介します。

色彩検定は仕事に役立たない?

色彩検定は、転職や就職において大きな力を持つ資格ではありません

しかし、色彩検定の取得に必要な知識を学ぶと、個々のセンスだけに頼らない配色ルールに基づいたイメージ通りのデザインやコーディネートができるようになります

特に、美容・デザイン・インテリアなどのクリエイティブな力が必要とされる分野では、

  • 顧客に合わせた配色パターンの提案
  • 色の力を使った見やすい資料の作成
  • 調和の取れた配色によるコーディネート

などの場面で、色のスペシャリストとして学んだ知識を生かすことができます。

色彩検定が役に立つ業界・仕事

では、具体的にどのような業界・職種で色彩検定が役立つのか、以下で紹介していきます。

  • 美容
  • ファッション
  • 出版
  • 広告
  • 建築、工業、空間デザイン
  • ウェディング
  • その他

美容

美容業界では、色彩検定で学んだ知識を活用して、顧客に似合う色を選んだり顧客の求めるカラーを提案することができるようになります。具体的には、

  • 美容師、ヘアカラーリスト
  • メイクアップアーティスト
  • 美容部員(ビューティーアドバイザー)
  • ネイリスト

などの仕事に携わっている方が色彩検定を取得されるケースが多いようです。

理論に基づいた色彩のアドバイスは顧客の満足度を高め、プロとしての信頼度を獲得する際に大いに役立つため、美容業界で色彩検定の資格は重宝やすいでしょう。

ファッション

色彩検定は元々ファッション業界でつくられた資格のため、服飾関係に強い資格だといわれています。具体的な職種としては、

  • ファッションデザイナー
  • バイヤー
  • スタイリスト
  • 販売員
  • マーケティング
  • プレス

などにおいて、色彩検定を活かすことができるでしょう。服のデザインやコーディネートを考える際や、シーズン毎の流行色やブランドカラーを決める際に役に立ちます。

出版

出版業界では、色彩検定で学んだ知識を元に書籍や雑誌の誌面デザインや装丁の行うときに生かすことができます。関係する職種としては下記が挙げられます。

  • 編集者
  • イラストレーター
  • デザイナー、装丁家
  • カメラマン
  • 印刷業

「なぜ今回は、この色を使うのか」「この文字の配色にはどのような効果があるのか」といった説明を論理的に行えるようになり、提案内容に説得力をもたせることができます。

広告

広告業界では、クリエイティブ関連の職種で働く人は色彩の知識が必要になることがあります。

  • クリエイティブディレクター
  • アートディレクター
  • CMプランナーまたはディレクター
  • WEBデザイナー
  • CGデザイナー

などの仕事で、色彩検定で学んだ知識が役立つケースが多いようです。

商品・ブランド(メーカー)・サービスのコンセプトが伝わる色を選ぶ際に、色が人に与える影響について知っておくと、配色選びに迷いがなくなります。

また、クライアントにプレゼンをする際も、「なぜ、ブランドカラーをこの色にしたのか」「どの色を使えば消費者の目を引けるのか」といった説明を論理的に行えるようになり、提案内容に説得力をもたせることができます。

建築・工業・空間デザイン

建築・工業・空間デザイン業界では、

  • インテリアコーディネーター(デザイナーまたはプランナー)
  • 空間デザイナー
  • 住宅メーカー(営業)
  • 塗装業
  • 建築デザイナー

などの仕事で、色彩検定で学んだ知識が活用されています。

照明、壁や床、家具、景観といった建物や地域全体の調和を考え、顧客の好みに合わせた色を提案するために、理論的・体系的に色彩について理解する必要があります。

ウェディング

ウェディング業界では、会場・場所・目的に合わせたイメージやコンセプトを表現するために、色彩検定で学んだ知識が活用されることが多いようです。具体的な職種としては、下記が挙げられます。

  • イベントプランナー
  • ウェディングプランナー
  • フラワーデザイナー

その他

業界に関係なく、色彩検定の能力を活かすことができる職種もあります。例えば、

  • 講師(カラーコーディネーター、色彩講師)
  • 事務
  • 営業

の3つが挙げられるでしょう。

講師は、色が人に与える影響や配色ルールなどを学校やスクール等で教えたり、色の専門家として活動するため、色彩の知識は必ず必要です。

一見、色彩は関係なさそうな事務系の仕事であっても、プレゼン資料を作成する際に見やすくわかりやすいデザインで作ることに役に立ちます。重要なポイントに何色を用いるかなど、色の力を効果的に使うことで、商談を進めやすくする効果も期待できます。

営業など人と直接関わる仕事は、事務系の仕事で説明した資料作成のほかに、色が対人で与える影響を学ぶことができ、自身の印象を変えることに役立てることもできるでしょう。

このように、色彩検定で学ぶ知識は様々な業界・職種において役に立つ知識です。

色彩検定がないと働けない」という仕事は少ないですが、色彩検定が生かせる仕事はたくさんあることをお判りいただけたかと思います。

それでは、下記で色彩検定とはどういった資格なのかを説明します。

色彩検定とは

色彩検定とは、色彩に関係する幅広い知識や技能が問われる文部科学省後援の資格です。

1990年からこれまで累計140万人、学生~社会人まで幅広い世代が受験しています。また、他の色彩に関係する資格に比べて、ファッション(服飾)業界に強いのが特色です。

試験内容

色彩検定の試験内容は、検定レベルによって異なります。

試験方法は1級1次試験・2級・3級・UC級はマークシート方式ですが、1級2次試験のみ記述方式(一部実技)になっています。

  レベル 試験内容
1級 プロフェッショナル向け 色彩のスペシャリストとしての専門知識
2級 実務向け ビジネスに応用できる色彩知識
3級 初心者向け 配色ルールや心理について基礎知識
UC級 色覚専門 万人に見えやすい色についての知識

受験料

色彩検定の受験料は、受験する検定レベルによって異なります。※1次免除者も同金額。

  受験料(税込)
1級 7,000円
2級 10,000円
3級 15,000円※
UC級 6,000円

試験の申し込みは、「公益社団法人色彩検定協会のホームページ」または郵便局・特約書店からできます。

受験資格

特にありません。年齢・職種・経験を問わず、どなたでも何級からでも受験できます。

試験日・受験申し込み期間

色彩検定は検定レベルによって試験時間が異なるため、併願が可能です。

1級の試験日は冬期のみです。1級の1次試験に合格している場合は、その後2年間(2回)に限り1次試験が免除になります(ただし2次試験の受験申込は必要)。

  試験日 受験申込期間
1級 1次試験(11月)、2次試験(12月) 8月~10月
2・3・UC級 夏期(6月)、冬期(11月) 夏期(3月~5月)、冬期(8月~10月)

試験会場

試験会場は、受験者の希望エリアに基づいた会場が北海道から沖縄までの全国各地に設置されています。受験地一覧は、「公益社団法人色彩検定協会のホームページ」からご確認ください。

ただし、1級2次試験の受検地は札幌市・仙台市・東京23区・名古屋市・大阪市・福岡市の6エリアのみです。

試験会場の詳細は、受験申込後に届く受験票に明記されています。

合格率・難易度

2018年の色彩検定受験状況」によると、合格率は以下の通りです。

  志願者(人 合格率(%)
1級 1,656 42.9
2級 11,631 67.4
3級 26,056 74.9
UC級 1,650 92.0

合格ラインは、どの検定レベルも満点の70%前後とされています。(問題の難易度により異なる)

合格率を見ても分かるとおり、2級~UC級は試験を受けた半分以上の人が合格しています。

公益社団法人色彩検定協会で販売している公式テキストをしっかり読み込み、過去問題集を繰り返し解けば、学でも2~3ヶ月程度の勉強で合格できる難易度だといえるでしょう。

ただし、検定レベルが1級になると、2次試験から記述方式(一部実技)になる影響で一気に試験の難易度が上がります。

1日の勉強時間や受験する級にもよりますが、3級の場合だいたい3ヶ月、1級の場合はだいたい半年の勉強時間を想定するとよいでしょう。

まとめ

色彩検定は、仕事や暮らしに直結する色についての知識や法則を身に付けられる資格です。

  • 個々のセンスにとらわれない理論的な色彩の知識を学ぶことできます。
  • 色彩に関わる仕事をしている方なら、色彩検定を取得することで説得力のある説明をすることができるようになるでしょう。
  • 一見色彩に関わらない仕事をしている方にとっても、色は日常生活で切っても切れない存在です。直接的なメリットは少なくても、間接的なメリットを享受することができるでしょう。
  • クリエイティブに関する仕事をしている方は、より専門的な視点で仕事の幅を広げることができ、キャリアップにつなげることができるといえます。

また、色彩(カラー)に関係する資格は、色彩検定以外にも以下のようなものが有名です。

資格名 特色・強み
カラーコーディネーター検定試験 工業分野に強い
パーソナルカラリスト検定 人と色に特化した色彩知識が学べる
色彩士検定 デザイナーやアーティスト向き(美術系)

それぞれ特色や強みが異なるので、色彩検定と合わせて資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

-資格
-

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.