資格

簿記検定とは?役に立つ職種、種類、合格率、試験内容、申し込み方法、関連する資格

投稿日:

就職や転職を考えている方の中には経理を希望している人もいるでしょう。企業の経理職に就くためには簿記の知識は不可欠です。

個人事業主の方、開業しようと思っている方も、帳簿付けをしなくてはならなくなります。青色申告をする場合は、帳簿付けは複雑な複式簿記の記帳が必要となるため、簿記の知識は欠かせません。

簿記は聞いたことあるけど詳しいことは分からないという人も多いと思います。この記事では、簿記検定の種類、簿記が役立つ職種等詳しく紹介します。

簿記検定とは

簿記とは、企業などで必ず伴う「お金やものなどの出入り」を記録する技術のことです。

どのような業種の企業であれ、お金の動きというものは存在します。お金の出入りが誰もが見るだけでわかるよう、ルールに基づいて記録することが簿記です。

そして、その簿記能力をどれだけ持ち合わせているかを確認できるのが簿記検定になります。

簿記が役立つ職種

ここでは、簿記の知識を活かせる職種をいくつかご紹介します。

経理

経理は企業の中でお金の流れを管理し、記録する部署です。貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書などの財務諸表や財政、経営に関わる資料の作成に携わります。

会社のマニュアルに沿って作業を進めればこなせるかもしれませんが、知識があれば、何か問題が起きた時でもスムーズに対応できたり、仕事を理解するのにも時間をとられなかったり、簿記の知識を持っていることに越したことはありません。

財務

企業の資金を調達し、資金繰りをする部署が財務です。金融機関から融資を受ける、社債の発行なども必要に応じておこないます。

貸借対照表、決算書などの資料と経営者の判断により、資金計画を立てていくため、経理、会計との連携が不可欠となります。その際に簿記の知識は不可欠です。

会計事務

会計事務は企業の日々の売り上げや仕入れを記録、管理、資金管理などお金全般の管理を行います。財務は、会計の中貸借対照表や損益計算書にもつながる会計帳簿も作成します。

監査

監査は、企業の不正や不祥事の防止やガバナンス強化などのために業務や会計を監督し、検査する仕事です。ビジネスマンとしての豊富なスキルが必要となり、経理、財務などの知識も求められるため、簿記能力も欠かせません。

営業事務

データ入力や来客応対、電話応対などを通し、営業部門の人のサポートをする部署です。

商品やサービスの売り上げを左右する企業にとって非常に重要な部署です。営業事務が扱う書類は主に見積書、契約書、発注書、納品書、受取書、請求書などで、営業事務が取り扱う書類がないと商品の売買が成立しません。

書類作成時には、仕訳を理解していることでスムーズに作成を進められるメリットがあります。ほかにも電話や来客に対応するため、コミュニケーション能力も求められます。

簿記検定の種類

簿記検定は下記3つの団体がおこなっています。それぞれに特徴があり、レベルも異なります。簿記検定をおこなっている3つの団体の特徴、級ごとに詳細を説明します。

日本商工会議所(日商簿記)

日本商工会議所は、全国515カ所に商工会議所を置き、それぞれの地域で商工業の発展、福祉増進に貢献することを目的に活動しています。

実施検定は、簿記検定のほか、システム開発などに役立つ日商プログラミング検定、販売においてのノウハウを高める販売士検定、パソコン能力を習得する日商PC検定など企業で役立つ多くの検定をおこなっています。また、日商簿記1級合格者には税理士試験受験資格が与えられます。

簿記検定の中でも受験者数が多く、名前も知られているため、多くの企業において信頼性の高い簿記検定と言えるでしょう。日商簿記検定試験は3級~1級がありますが、そのほかに簿記初級と原価計算初級も用意されています。

  3級 2級 1級
受験料 2,800円 4,630円 7,710円
試験時間 120分 120分 180分
出題内容 商業簿記 商業簿記、工業簿記 商業簿記、工業簿記、会計学、原価計算
合格基準点数 70%以上 70%以上 70%以上(1科目ごと40%以上)
合格率 約46% 約19% 約9%

※2019年6月の試験より、企業のビジネススタイルの変化や会計実務の動向を踏まえ、3級を中心に出題範囲が改定されています。

国商業高等学校協会(全商簿記)

全国商業高等学校協会がおこなう簿記検定が全商簿記と呼ばれています。多くは商業に関する科目を学ぶ商業高校などで技術や専門知識の向上を図るため、実施される簿記検定です。

出題範囲は、高等学校学習指導要領に示された内容に準拠しています。生徒の学習状況によって異なりますが、1年生で3~2級、2~3年で、2級~1級の合格が可能な問題の内容になっているようです。

  3級 2級 1級
受験料 1,300円 1,300円 各1,300円
試験時間 90分 90分 各科目90分
出題内容 商品売買業の個人企業における基本となる会計処理から出題 商品売買業の個人企業における発展的会計処理、株式会社の基本となる会計処理から出題 ①会計(株式会社の会計処理、会計法規、業績推定などから出題)
②原価計算(製造業で用いられる簿記。製品を製造する際に要する金額の計算手続きに付いて出題)
合格基準点数 70点以上 70点以上 70点以上
合格率 約55% 約54% 約40~50%

全国経理教育協会(全経簿記)

経理専門学校生を主に対象として実施される公営社団法人全国経理教育協会の簿記検定です。全国経理教育協会は簿記検定のほか、計算実務検定、所得税法能力検定など数多くの能力検定を実施しています。

全経簿記は1科目100点満点中70点以上で合格ですが、上級のみ各科目40点以上、全科目合計280点以上で合格となります。上級を合格した人は税理士試験を受ける資格が与えられます。

また、1級のみ商業簿記・会計学、原価計算・工業簿記どちらか1科目に合格した場合、1年以内に残りの科目を合格した時点で合格証書が交付される仕組みとなっています。

  基礎 3級 2級 1級 上級
受験料 1,200円 1,400円 1,700円 2,200円 7,500円
試験時間 90分 90分 90分 各90分 各90分
出題内容 複式簿記の原理と仕組み、決算整理のない損益計算書、貸借対照表、会計報告書が作成できる 商業簿記(小規模株式会社) 商業簿記(中規模株式会社) 商業簿記、会計学(大規模株式会社) 商業簿記、会計学(上場企業)、工業簿記、原価計算
合格基準点数 70点以上 70点以上 70点以上 70点以上 70点以上※
合格率 約65% 約70% 約65% 約50% 約15%

簿記検定の申し込み方法

簿記検定の申し込み方法は、主催団体により異なります。ここでは、各簿記検定の申し込み方法を紹介します。

日商簿記検定

日商簿記検定は、受験日の2か月前を目安として商工会議所で申し込みます。原則、各商工会議所の窓口での申し込みになりますが、会議所によって郵送やインターネットでの受け付けを受け付けている場合もあります。

日程が異なる場合もあるので、受験を希望している商業会議所に申し込み方法、日程などを事前に必ず確認しておきましょう。合否発表日や場所、合格証名書の配布方法などに関しても各商工会議所で異なるので確認しておきましょう。

全商簿記検定

会場である商業高校に通う学生は、受験票で申し込みます。一般の方が申し込む場合は、指定の最寄りの試験校で受験申込書に記入し、写真添付の上申し込みます

合格発表は、試験会場により異なるため、試験当日に日時、場所を発表します。

全経簿記検定

全経簿記検定はインターネットによる申し込みが中心となっています。公式のサイトからアクセスし、案内に沿って登録します。申し込み時に試験会場も表示されるので、受験したい会場を選択することができます。

一部の会場では、ネット環境がない人向けの窓口受け付けにも対応しています。

合否発表は、1級~基礎簿記は試験日から1週間以内に、上級は2か月以内に公式サイトのマイページから確認することができます。

簿記に関連する資格

簿記の能力を身に付けておくことで、ほかの資格を取得する際に有利になることがあります。ここでは、簿記の知識を活かして取得を目指せる資格や、簿記取得後に取得を目指すことが多い資格などをいくつか紹介します。

税理士資格

税理士資格は、税理士として活動することを認める国家資格です。

税理士は、税務・会計の専門家とも呼ばれています。主な仕事は、税務代理・税務書類の作成・税務相談の3つで、この業務は税理士資格を保有する者にしかできない税理士の独占業務です。

税理士試験を受けるには受験資格を満たす必要がありますが、受験資格の中に日商簿記検定1級合格者、全経簿記検定上級合格者があります。また、税理士試験の必修科目の1つである簿記論は、簿記の知識を活用することができます。

税理士の資格は難易度は高いですが、簿記取得後に合わせて取得することで、働き方や職種の選択肢が大きく広がります。

税理士とは?仕事内容、公認会計士・社会保険労務士との違い、試験概要、難易度や合格率、活躍の場

ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定は、相談者の資金計画を立て、夢や目標が叶うよう経済的な視点からアドバイス、サポートする専門家です。保険、税制、住宅ローンなど、個人が生涯で何度かぶち当たるお金の壁についての知識を豊富に身につける必要があります。

簿記は、企業の財政状況を間違えのないように記録する能力です。簿記が企業を対象にしているのに対し、ファイナンシャル・プランニングは個人を対象にしています。

金融機関へ勤務している方、就職目指す方などにとって、両方の知識は業務に生かせる部分が多く、簿記とファイナンシャル・プランニング技能検定、両方の取得を目指す方も多いようです。

ビジネス会計検定

ビジネス会計検定は、貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書などの財務諸表を分析し、今後の仕事に役立てることを目的とした検定です。

自社の経営状態を認識、把握することで株主や取引先などに十分な情報提供を与えられることにつながるため、会計に関する検定に関心が高まっています。

簿記は帳簿を作る側ですが、ビジネス会計検定は帳簿を読み取る側になります。どちらもお金に関する検定ですが、必要な知識は異なります。どちらの資格も身につけておくとビジネスシーンで強い味方となるでしょう。

国際会計検定(BATIC)

国際会計検定(BATIC)は英文簿記などの英語での会計処理や、国際財務報告基準(IFRS)の知識などグローバルな会計基準の認知度を計る検定です。東京商工会議所が主催しています。

合否で判定されるのではなく、1000点満点中何点採ったかにより4段階でランク分けされるスコア制となっています。高スコアであればそれだけ評価も高くなるということです。

日商簿記1~2級を持っており、海外企業への就職や転職を考えている場合、国際会計検定(BATIC)を取得することで、面接などでもスキルの高さが認められるでしょう。グローバル化に伴い経理のスキルアップを考えている目指す方はこの資格を取得することで、活躍の場を広げるチャンスが高まります。

中小企業判断士

中小企業判断士は、経営コンサルタントの国家資格として、ビジネスパーソンに人気の資格です。ビジネスにおける豊富な知識を身に付けられるため、スキルアップに役立つことも多いようです。

この中小企業判断士試験では、1次試験、2次試験、実務補習、実務従事がありますが、その中でも1次試験、2次試験で財務・会計に関する試験科目があるため、簿記の知識も不可欠です。

特定の領域に特化するのではなく、企業の経営資源と言われるヒト・モノ・カネ・情報に関する知識をマルチに身に付けらます。そのため、あらゆる業種で役立つ資格です。

中小企業判断士とは?仕事内容や試験内容、合格率、MBAとの違いは?

まとめ

  • 簿記検定は、「お金やものなどの出入り」を記録する技術能力を確認する検定
  • 簿記は経理・財務以外にも、会計事務や監査、営業事務をはじめ個人事業主など様々な職種で生かせる
  • 受験者数が多くネームバリューが高いのは日本商工会議所が実施する、「日商簿記」
  • 税理士やファイナンシャルプランナーなどの資格取得にも簿記の知識を生かせる場合がある

簿記は、企業の会計、経理などの職種や個人事業主の方など、幅広く必要な知識です。

スキルアップやキャリアアップを目指している場合でも、簿記の知識を持っていれば役に立つこともあるでしょう。簿記の資格を取得したいとお考えの方は、ぜひ自分に適した試験、レベルを確認しチャレンジしてみてください。

-資格
-, , , ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.