英語

IELTSのリスニング対策!セクションごとの内容、解答のテクニック

投稿日:

この記事では、IELTSリスニングについて解説していきます。

IELTSリスニングの問題形式、対策方法について詳しく紹介します。IELTSを初めて受ける人、IELTSリスニングで思うように点数が取れない人におすすめの記事です。

IELTSリスニングの問題

IELTSリスニングでは、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、アメリカ、カナダなど様々な国の英語の音声が使われています。

リスニングの問題は、核となるアイデアや具体的な情報を理解できるか、話し手の意見や態度・目的を理解できるか、主張の展開についていけるか、など幅広いリスニングのスキルを測るものとなっています。リスニングの試験時間は約30分で、加えて問題用紙から解答用紙に答えを書き写す時間が10分取られます。

各問題とも音声は一度ずつしか流れません。問題は全部で40問で、様々なタイプの問題が出題されます。例えば、選択問題、表完成問題、短い記述問題などがあります。

一問につき一点で、40点満点です。40点満点のうち取った点数が9点満点のバンドスコアに換算されます。

IELTSリスニング4つのセクション

問題は4つのセクションに分かれています。

一つ目のセクションでは、宿泊施設での二人の人物の会話など、日常生活の中での二人の人物の会話を聞きます。

二つ目のセクションでは、地元の施設でのスピーチや、会議中の食事の手配についての説明など、日常生活の中でのモノローグ(一人の人物の音声)を聞きます。

三つ目のセクションでは、大学チューターと学生間での課題についての会話、研究プロジェクトについての計画を練る学生のグループの会話など、教育現場における4人以下の人物の会話を聞きます。

四つ目のセクションでは、大学の講義など、アカデミックなテーマのモノローグを聞きます。"

IELTSリスニング対策方法

IELTSのリスニングで点数を取るには、できるだけ多くのリスニング問題に取り組むことが必要です。

その際には、ただ問題を解くだけでなく、「ディクテーション」と「シャドーイング」の二つを一緒にやることを強くお勧めします。

ディクテーションとは、聞こえてきた英語を書き取ることです。音声を数回聞いて、その音声を書き取り、スクリプトと照らし合わせて答えを確認します。ディクテーションをすることで、自分が聞き取れない部分を把握することができます。

シャドーイングとは、英語を聞きながら真似して音読することです。流れてくる音声のすぐ後に続いて自分で発声する練習をします。シャドーイングをすることで、ネイティブの英語のスピードやリズムに慣れることができます。

この二つを問題を解いた後にすることで、リスニング力がアップします。

IELTSリスニング対策のための教材

IELTSリスニング対策のための教材として、二つの教材を紹介します。

一つ目は、「Cambridge IELTS Academic Student's Book」です。こちらはケンブリッジ出版が出しているIELTSの公式問題集になります。問題・解説ともにすべて英語です。

二つ目は、「IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集」です。こちらは日本で初めてのIELTS公認問題集となっており、4技能の対策と模試が日本語付きで掲載されています。豊富な練習問題と本番形式での模試一回に取り組むことが出来ます。

どちらもIELTSの公式・公認問題集であるため、実際の試験に限りなく近い形の問題で練習することができます。

リスニング問題に取り組むうえでのテクニック

IELTSのリスニング問題に取り組む際に実践してほしいテクニックを、「問題を読む」テクニックと「音声を聞く」テクニックの二つに分けて紹介します。

問題を読むテクニック

まずは問題をしっかりと読みましょう。読む際には以下のことを意識すると良いでしょう。

何を解答すべきかをしっかりと理解しましょう。

状況について考えて、どんな単語が聞こえてくるか予想しましょう。

キーワードに印をつけましょう。IELTSリスニングでは問題用紙への書き込みが許可されています。

可能な限り、答えを予想しましょう。特に何を注意して聞くべきか考えましょう。

音声を聞くテクニック

リスニング音声を聞く際には以下のことを意識すると良いでしょう。

 and secondly、and most importantlyのようなサインとなる表現に注意して聞きましょう。

同義語に気を付けましょう。音声と問題では、walkとon footのような言い換えが行われる場合があります。

答えに関する部分は強調されたり繰り返されたりすることが多いです。逆にさらっと話された単語は正解でないことが多いです。

メモを取る際は、hospital→hosのように略語を使うと良いでしょう。時間を節約することができます。

リスニング試験中に気を付けるべきこと

効果的なリスニングをするために必要なのは、聞こえてくるすべての単語を聞き取ることではありません。重要な単語やフレーズを聞き取れるようにしましょう。もし一つの単語が聞き取れなくてもパニックに陥らないことが大事です。

また答えを解答用紙に移すときには細心の注意を払いましょう。特にスペルや基本的な文法、複数形や三単現のSに気を付けると良いでしょう。"

まとめ

今回は、IELTSリスニングの問題形式、対策方法、テクニックについて紹介しました。どのような問題が出るか正しく知り、実際にテクニックを使いながら問題に取り組んで対策してみてください。

-英語
-,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.