資格

ネイリストになるには?取得すべき資格、関連する資格の内容、活躍の場は?

投稿日:

女性の美しさをサポートする、ネイリストという職業。

最近ではネイルが「特別なお洒落」ではなく「身だしなみ」として広く認識され、多くの女性がネイルを楽しんでいます。そういった背景から、ネイリストの需要はますます増えていくことが予想されています。

また、ネイルの広がりとともにネイリストが活躍できる場が広がっており、「手に職をつけたい」「様々な働き方をしたい」といった方にもおすすめ職業です。

この記事では、ネイリストになるために優先的に取得すべき資格やネイリストの活躍の場、ネイリストに関連する資格(JNECネイリスト技能検定・JNAジェルネイル技能検定試験・ネイルサロン衛生管理士)について紹介します。

ネイリストとは

ネイリストは、ネイルアートをはじめとしたさまざまな技術を使用して、爪や手を綺麗に見せるスペシャリストです。

実際にネイリストが行う業務内容としては、技術的な面だけでも、

  • ネイルアート
  • ネイルケア(ファイリング、バフィング、キューティクルケアなど)
  • ハンドマッサージ
  • オーダーチップの作成
  • ネイルリペア
  • 爪の矯正

などが挙げられます。

ネイリストに国家資格や必須となる資格はありません。ただ、技術力を保証するいくつかの民間資格があります。

ネイリストになるために取得すべき資格は?

先述した通り、ネイリストは資格制・免許制の職業ではないため、就職・開業するうえで資格がなければならない、というわけではありません。しかし、ネイルサロンの中には資格保有を採用条件としているところが多くありますし、資格を保有していることはお客様に対するアピールにもなります。

ネイリストの多くが取得する資格として、以下のような資格があります。

  • JNECネイリスト技能検定
  • JNAジェルネイル技能検定試験
  • ネイルサロン衛生管理士

優先的に取得すべきはJNECネイリスト技能検定2級

JNECネイリスト技能検定の2級は、ネイルサロンで働くネイリストに必要な知識と技術を証明する資格です。

この資格を取得しておくと、JNAジェルネイル技能検定においても優遇を受けることができます。そのためネイリストを目指すのであればまず、この資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ネイルサロンの多くが「JNECネイリスト技能検定2級以上取得者」を採用条件にしているため、この資格を取得しておけば募集条件を満たせる場合が多く、勤務地や労働条件の幅を広げやすくなるでしょう。

JNECネイリスト技能検定2級も併せて取得を目指そう

かつてはマニキュアやアクリル絵の具を使ったアートが一般的でしたが、最近は多くのネイルサロンがジェルを使って施術しています。そのため「サロンワークで通用するジェルネイルの知識と技術があること」は、ネイルサロンで働く場合において非常に大きなアピールポイントとなります。

JNAジェルネイル技能検定2級はこれを証明する資格ですので、JNECネイリスト技能検定2級とあわせての取得をおすすめします。

JNECネイリスト技能検定とは

JNECネイリスト技能検定は、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターによって運営されています。2019年4月時点で累計受験者数は約803,000人です。

この資格は1級~3級までの3段階に分かれており、求められる知識と技術は以下のようになっています。

求められる知識と技術
3級 ネイルアートとネイルケアに関する基本的な技術と知識
2級 サロンワークにおけるネイルケア、チップ&ラップ、リペア、アートに関する技術と知識
1級 トップレベルのネイリストとして活躍するうえで必要な総合的技術と知識

受験料は以下の通りで、試験は「日本ネイリスト検定試験センターのウェブサイト」もしくは郵便局で申込むことができます。

受験料
3級 6,000円
2級 8,800円
1級 11,000円

JNECネイリスト技能検定は飛び級での受験ができないため、3級から順に取得していかなければなりません。また、検定では筆記試験と実技試験の両方が実施されます。

JNECネイリスト技能検定の級別の合格率は1級が42.8%、2級が52.9%、3級が91.9%となっています。3級の合格率は非常に高いですが、2級、1級と合格率がだんだん下がっていることがわかります。

JNAジェルネイル技能検定試験とは

JNAジェルネイル技能検定試験は、NPO法人日本ネイリスト協会によって運営されています。2019年2月時点で累計受験者数は約200,000人です。

この資格は初級・中級・上級の3段階に分かれており、求められる知識と技術は以下のようになっています。

求められる知識と技術
初級 ネイルケアの基礎と、ジェルネイル施術において必要とされる基礎知識と技術
中級 サロンワークにおいて、プロとしてネイルケアとジェルネイルの施術をするために必要な専門知識と技術
上級 ジェルネイルの「スペシャリスト」に必要な総合的知識と技術

試験は、筆記試験と実技試験の両方が実施されます。

受験料は以下の通りで、試験の申し込みは「日本ネイリスト協会のホームページ」から行うことができます。

受験料
初級 9,720円
中級 12,960円
上級 16,200円

JNECネイリスト技能検定と同様に、JNAジェルネイル技能検定も飛び級ができず、初級から順に取得していくことになりますが、JNECネイリスト技能検定3級以上取得者はJANジェルネイル技能検定の初級、2級以上取得者は中級の実技試験第1課題が免除されます。

ネイルサロン衛生管理士とは

ネイルサロン衛生管理士は、NPO法人日本ネイリスト協会によって運営されています。この資格は、「安全」で「安心」なネイルサービスの普及による公衆衛生の向上を目指して創設されました。

ネイルサロン衛生管理士の資格は、JNA認定校で行われる講習会を受講し、確認テスト(筆記試験)に合格すると、資格を取得することができます

資格の有効期限は取得年から3年目の12月末日までですが(取得年を含む)、資格継続の手続完了後は「永続認定」となり、その資格が無期限に保証されます。

受験料は、一般価格は10,000円、JNA会員価格は6,000円です。

この資格はネイリストとしての技術力を証明するものではありませんが、衛生管理や安全な施術への重要性についてよく理解している、というアピールになります。

ネイリストに関する資格を取得するには?

独学で合格を目指すこともできますが、特にJNECネイリスト技能検定とJNAジェルネイル技能検定で行われる実技試験の対策は実践的な内容となるため、ネイルスクールや通信講座を利用して技術を身に着けていく方が多いようです。

ネイルスクールは、平日の日中に通学するスタイルだけでなく、最近では働きながら資格取得を目指す人のために夕方から授業を行うスクールもあります。ネイルスクールに通う大きなメリットは、直接講師に技術を教えてもらうことができる点でしょう。

通信講座は、時間を気にせず自分のペースで学習を進めることができます。また、費用は一般的にスクールよりも通信講座のほうが安い傾向にあります。

ライフスタイルや、勉強の進め方にあわせて、スクールや通信講座を選ぶとよいでしょう。

ネイルサロンで働きながら資格取得を目指す方法も

中には、資格を取得していなくても応募できるネイリストの求人があります。この場合、ネイルサロンに勤務しながら、技術を身に着けたり、資格取得を目指していくことになります。

サロンで働きながら資格取得に必要な知識と技術を身につける、というのも1つの選択肢です。

ネイリストの活躍の場

ネイリストとして働く場合、ネイルサロンで働く以外にも様々な活躍の場があります。ここではいくつかを紹介します。

美容院・エステサロン

1度の来店で様々なメニューを同時に行いたいという顧客のニーズに応えた、ネイルサロンを併設した美容院・エステサロンが増えてきています。ネイルサロンでネイリストとして働く場合と業務内容は変わらない場合もありますが、勤務地や労働条件などの選択肢を増やすことができます。

結婚式場

美容院やエステサロンと同様に、結婚式場でネイルサロンを併設している場合もあります。花嫁が結婚式でするネイルは「ブライダルネイル」と呼ばれ、多くの花嫁がこだわりのブライダルネイルを行います。結婚式場で働くネイリストは、大切なイベントをネイルで支えています。

ネイルスクール

ある程度の経験や技術力が必要ですが、講師としての働くことも可能です。

講師になるためには、日本ネイリスト協会の認定講師資格試験に合格する、ネイルスクール卒業後そのまま講師として働くなどのパターンが考えられます。

フリーランス

フリーランスのネイリストは、活躍の場が多岐にわたります。ネイルサロンを独立開業することもできますし、セミナー・イベントを主催したり、出張ネイリストとして活躍することもできます。

まとめ

ネイル関連の資格にはいくつかの種類がありますが、ネイリストとしてネイルサロンで働く場合も、ネイルサロンの開業を目指す場合も、JNECネイリスト技能検定とJNAジェルネイル技能検定を取得することで、一定の技術力を証明することができます。

ネイルが好きで、ネイリストになりたい、ネイリストに興味があるという方はぜひ資格取得を検討されてみてはいかがでしょうか。

-資格
-, , ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.