IT・WEB・DESIGN

システムアーキテクトとは?仕事内容、試験の出題内容、合格率や難易度は?

更新日:

この記事では、システムアーキテクトと、システムアーキテクト試験に関してまとめています。システムアーキテクトの仕事内容、システムアーキテクトの資格を取得するメリット、システムアーキテクト試験の概要を説明しています。

システムアーキテクトとは

システムアーキテクトは高度なレベルを持つIT技術者です。システム開発において、上流工程を主導する役割を担っています。

IT業界では、プログラマーやエンジニアの上級職の立ち位置です。

システムアーキテクトが行う仕事は一人だけで行うことは不可能です。他の技術者や顧客とともに分析・設計などを行います。そのため、純粋に技術力が高いだけではなく、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も求められます。

システムアーキテクトの仕事内容

情報システムの設計や開発に必要となる要件の定義、情報システムを開発する業務に行い、時には業務を共に行うメンバーに対して指導することもあります。例えば以下のような仕事内容があります。

  1. ECサイトや基幹システム全体のアーキテクチャ設計とコア部分の実装
  2. 金融機関での開発のプレイングマネジメント
  3. 自社パッケージソフトのバージョンアップ開発ならびに、新規システム開発
  4. オープン系のシステム開発の全工程で、アーキテクチャの検討や、プロジェクト全体を技術力で推進
  5. 社内システムの要件定義、基本設計といった上流工程
  6. 企画段階から参画し、現場社員から要望を抽出
  7. 各種取引サービスの運用システム、顧客管理システムなど、社内の基幹システムの設計・構築

システムアーキテクトになるには

システムアーキテクトは各種業務や情報技術に関する高度な知識が求められる職種です。実務経験を積むことによって、実務に必要な知識を身につけながら、さらにプラスアルファの周辺知識も求められます。

例えば以下のような能力が求められます。

  • 情報システム全体の体系を検討できる。
  • 専門知識とシステムに関する知識を持ち、システム案を提案できる。
  • 企業のビジネス活動を抽象化して、技術を適用できる形に再構成できる。
  • 情報システムの実現方式、開発方式など関する知見をもち、選択ができる。
  • OS、データベース、ネットワークなどの技術に関する知識を持ち、情報システムを構築することができる。
  • 情報システムの運用、投資効果および業務効果について評価基準を設定した上で、分析・評価できる。
  • 多数の企業への展開をイメージした上で、情報システムを汎用化することを検討できる。

このような能力・技術・知識が必要を客観的にはかることができるのが、システムアーキテクト試験です。

システムアーキテクト試験(SA)の概要

システムアーキテクト試験(Systems Architect Examination:SA)はIT系国家資格の1つです。システム開発に必要となる要件を定義し、要件を実現するためのアーキテクチャを設計する能力を認定する資格です。

試験は毎年10月に実施されており、申し込み期限は7月初旬から8月中旬までとなっています。

受験料

5,700円(税込)

受験資格

年齢制限や受験資格はありません。

試験日程

10月第3日曜日

合格発表

1月中旬

出題範囲

プロジェクトの全体を理解している上級エンジニアが求められるスキルが問われます。上流工程である要件定義から開発、運用・保守までが出題範囲です。

試験は午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱに分かれています。

  午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験時間 50分 40分 90分 120分
出題形式 四肢択一 四肢択一 記述式 論述式
出題数 30問 25問 4問 3問
解答数 30問 25問 2問 1問

出題されるのは情報システムと組込みシステムの分野から、開発、運用・保守までが出題されます。上級エンジニアが求められるスキルが問われます。

分野 出題範囲
情報システム 契約・合意、企画、要件定義、開発、運用・保守
組込みシステム 機能要件の分析・機能仕様の決定、機能仕様を満足させるハードウェアとソフトウェアの要求仕様の決定、組込みシステムに応じた開発手法の決定、汎用モジュールの利用

試験の申し込み

システムアーキテクト試験に個人で申し込むには、インターネットもしくは願書郵送での申し込みが必要です。

インターネット申し込みの場合は、「IPA情報処理推進機構」公式ホームページから案内書を確認し、受験申込をすることができます(支払いはクレジットカード決算、ペイジー支払い、コンビニ払込み)。

願書郵送の場合は、案内書・受験ガイドを入手し願書を記入し、郵便窓口で払込みもしくは簡易書留で郵送することで申込みができます。

いずれの方法でも期日がありますので、受験前に必ず公式ホームページをチェックしてください。

試験の難易度と合格率

システムアーキテクトの試験の平成29年の合格率は12.7%でした。例年の平均合格率は15%程度と言われています。

合格率が15%ということは、4人が受験したら合格するのはその内の1人だけだということです。

IPA(情報処理推進機構)が設定する資格難度を示すスキルレベルは1〜4までありますが、システムアーキテクトはスキルレベル4に設定されています。スキルレベルが1番高いので、難易度は難しい試験であるといえます。

合格率が低く難しい試験ですが、その分価値が高い資格であるともいうことができます。

システムアーキテクト試験の対策

システムアーキテクトの試験に合格するためには、幅広い知識や経験を求められます。日常の仕事での業務知識や経験を蓄積しておくことが必要でしょう。

業務での経験にプラスして、試験対策の参考書を読んで必要な知識や重要なポイントをしっかり把握し、理解しておくことも大切です。

システムアーキテクト試験は過去問と似た問題が出題されることがあり、過去問の理解を深め、繰り返し解くことで出題パターンに慣れることができ、合格率を上げることができます。

午前Ⅱの論文試験は以下のコツをつかむことが重要です。

  • 設計作業を行うシステムアーキテクトから見た目線で書くこと
  • 問題に求められていることに忠実であること
  • 最低文字数を超えること
  • 業務で経験したことがある具体的な数値を使うこと

システムアーキテクトの資格を取得するメリット

システムアーキテクトの資格は、IT業界でエンジニアとして働いている人であればどんな業務でも役に立つ資格です。

ITエンジニアのキャリアプランと言えば、プロジェクトリーダーを経験したのち、プロジェクトマネージャーやコンサルタントになるという流れがこれまでは主流でした。しかし、最近ではそれぞれの業務分野で高度な専門知識を持っていなければ、仕事を行うことが難しくなってきています。

そうした背景から、各分野に特化した職種が注目されるようになり、システム設計に特化している職種としてシステムアーキテクトがあります。

ITエンジニアの中でも上級エンジニアの証明であるシステムアーキテクト試験に合格することで、IT市場における自らの価値を大きく上げることができます。

資格を持っている人には特別手当を支給している企業もあり、年収アップが期待できる場合もあります

まとめ

システムアーキテクトは合格率が低く難しい資格ですが、IT業界で働いている人であれば確実にその知識を生かし、キャリアップを目指すことができる資格です。

今はほかの業界で働いていてIT業界へのキャリアチェンジをお考えの方も、最初のステップとして、システムアーキテクトの資格取得を目指してみても良いでしょう。

システムアーキテクトに興味のある方は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-IT・WEB・DESIGN
-,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.