資格

アロマテラピストになるには?仕事内容、アロマテラピーに関する資格や合格率は?

投稿日:

この記事では、アロマテラピーとアロマテラピストに関してまとめています。

アロマテラピーに関連する資格・検定である、アロマテラピー検定・アロマテラピーインストラクター・アロマテラピストの資格の内容や合格率、資格を活かす方法について紹介します。

アロマテラピーとは?

アロマと言えば香りというイメージを抱く人も多いと思います。アロマオイルの香りを使った芳香剤や洗剤なども売り出され、広く日本の人々にも定着してきました。

アロマテラピー(アロマセラピー)とは、天然の精油(アロマオイル)を使った「芳香療法」のことを指します。アロマテラピーの効果は100%天然の植物などから抽出された精油を使って、心身の不調を和らげ、健康や美容の維持に役立てられます。アロマテラピーと呼ばれる場合と、アロマセラピーと呼ばれる場合がありますが、基本的に意味は同じです。

アロマテラピーに関する資格には、「アロマテラピー検定」や「アロマテラピーインストラクター」「アロマテラピスト」などがあります。

「アロマテラピーインストラクター」はアロマテラピーに関する知識をスクールで教えられる講師として、セラピストは実際に身体に触れることができる資格となります。

もちろん国家資格ではないので、これらの仕事に就く場合必須資格ではありません。しかしインストラクターやセラピストの資格を持っていることで、専門家として信頼され、自信を持って活動することができるようになります。

アロマテラピーの資格が取得できる協会は日本に多数ありますが、今回は、内閣府から公益認定されている唯一の法人で国内最大規模の団体であるAEAJのアロマテラピーの資格についてご紹介します。

アロマテラピーに関係する資格は?

前述しましたが、アロマテラピーの資格は大まかに3つに分けられます。「アロマテラピー検定」「アロマテラピーインストラクター」「アロマセラピスト」です。

アロマテラピー検定を受けることで、基礎的な知識を身に着けることができます。

アロマテラピー1級を取得することで、アロマテラピーアドバイザーとなり、基礎知識を周囲に伝えられるようになります。法律の知識を習得するので安全にアロマテラピーを使う方法や楽しみ方を一般の方にアドバイスすることができます。

上級となるアロマインストラクターやアロマテラピストへ進むためには、このアロマテラピーアドバイザー資格を取得することが必須条件になります。

アロマアドバイザーよりも深い知識を学び、アロマテラピーの教育に携わることができるのはアロマテラピーインストラクターです。アロマテラピーの知識や実践方法を専門家の立場として一般の人に教授することができます。

一般の人にコンサルテーションやアロマテラピートリートメントを実践できる能力を認められるのがアロマテラピストになります。より深い知識やトリートメントの技術を取得するので専門家として活動することができます。

上級資格はスクールで学ぶのがおすすめ

アロマテラピー検定1級、2級は、テキストや教材をそろえて自宅で学習することもできますが、インストラクターやセラピストになるためには、専門の学校に通うのが近道です。

特に上級資格は精油の知識だけでなく、解剖生理学や健康学、セラピストの場合にはトリートメント技術など深い専門知識、必須履修科目が必要となるため、独学での資格取得は難しいものとなります。

アロマテラピー検定とは

アロマテラピストを目指すためには、まず基礎知識となる検定に合格しなくてはなりません。アロマテラピー検定は毎年2回、全国の会場で実施されています。今まで累計46万人以上の人が受験しています。(参考:「公益社団法人日本アロマ環境協会」)

アロマテラピー検定は1級2級いずれも「アロマテラピー検定 公式テキスト」が出題範囲です。

2級の試験と合格率

アロマテラピー2級の出題範囲は以下になります。

  • 香りのテスト(実際に香りを嗅いで精油名を答える問題)
  • アロマテラピーの基本
  • 精油について
  • アロマテラピーの安全性
  • アロマテラピーの実践
  • 精油のプロフィール(11種類)

アロマテラピーの正しい基礎知識があることを問われる問題が出題されます。またアロマテラピーの実践方法や、香りについても知っておくことで合格することができます。

合格率は90%と高く、公式テキストや問題集を使うことでより効率よく合格を目指すことができます。

1級の試験と合格率

アロマテラピー検定1級に合格することで、アロマテラピストへの道が開けます。アロマテラピー検定1級の出題範囲は以下の通りになります。

  • 香りのテスト(実際に香りを嗅いで精油名を答える問題)
  • アロマテラピーの基本
  • 精油について
  • アロマテラピーの安全性
  • アロマテラピーの実践
  • アロマテラピーのメカニズム
  • ビューティ&ヘルスケア
  • アロマテラピーの歴史
  • アロマテラピーに関連する法律
  • 精油のプロフィール(30種類)

2級より広い分野や深い知識が求められますが、こちらも合格率は約90%です。公式テキストや問題集を使うことで、合格しやすい資格といえるでしょう。

合格後はAEAJに入会し、認定講習会を受講することでアロマテラピーアドバイザーの資格を得ることができます。

アロマテラピーインストラクターとは

アロマテラピーインストラクターはスクールなどで一般の人にアロマテラピーを教授できる能力を認定するものとなります。そのため深く確かな知識を習得する必要があります。

インストラクターの試験も毎年2回、全国15か所(札幌・仙台・さいたま・千葉・東京・横浜・金沢・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・松山・福岡・那覇)の会場で受験が可能です。(参考:日本アロマ環境協会「よくあるご質問」)

アロマテラピーインストラクターの試験と合格率

アロマテラピーインストラクターは、アロマ検定1級に合格していることが必須条件となります。1級合格後、

  • AEAJに入会していること
  • アドバイザーの資格を保有していること
  • 認定スクールで必須履修科目(25時間以上)を修了し履修証明書を提出すること
  • 試験合格後、資格登録手続きを行うこと

が試験受験の条件となります。

アロマテラピーインストラクターの試験は

  • 「アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト公式テキスト」
  • 「アロマテラピーインストラクター公式テキスト」
  • 「アロマテラピー検定公式テキスト1級」
  • 「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」

の中から70問出題されます。

学習内容は、解剖生理学、歴史、タッチング論、ボランティア論、基材論、健康学、ストレスとメンタルヘルス、ホスピタリティとコミュニケーション、精油額総論、精油学各論、アロマテラピー利用法、アロマテラピー教育などです。

なお、アロマテラピーインストラクター試験の合格率は70~80%です。

アロマテラピストとは

アロマテラピストになるためには、アロマテラピーアドバイザーの資格が必要です。

また、アロマテラピーインストラクター資格は必要ありませんが、アドバイザーからインストラクター、テラピストと受験する人も多くいます。インストラクター資格を取得すると、セラピストの学科試験の共通カリキュラム編の試験問題が免除になります。

アロマテラピストの学科試験はアドバイザー資格に加えて、

  • AEAJに入会していること
  • アドバイザーの資格を保有していること
  • 認定スクールで必須履修科目(30時間以上)を修了し履修証明書を提出すること

が必要です。そのうえ、

  • 学科試験とトリートメント実技試験に合格していること
  • カルテ演習を修了していること
  • 試験合格後、資格登録手続きを行うこと

これらの条件をすべてクリアすることで、晴れてアロマテラピストとなります。

学科試験合格後、2年2か月以内にトリートメント技術に合格し、カルテ演習30ケースを修了しなくてはなりません

アロマテラピストの難しいところは、学科試験だけでなく実技試験や演習も必要となることです。スクールへ通う期間が長くなること、カルテ演習30ケースをこなすこと、スクール費用がかかることを事前に想定しておくことが重要です。

アロマテラピストの試験と合格率

アロマテラピストの試験は、

  • 「アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト公式テキスト」
  • 「アロマセラピスト公式テキスト」
  • 「アロマテラピー検定公式テキスト1級」
  • 「アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト」

から80問出題されます(インストラクター資格取得者は45問)。アロマインストラクターの試験よりも問題数が多いので、試験は時間との戦いになる場合があります。

学習内容は、解剖生理学、顔面の皮膚科学、衛生学、ボディ・フェイストリートメント理論、ケーススタディ、基材論、健康学、ストレスとメンタルヘルス、ホスピタリティとコミュニケーション、精油学総論、精油学各論、アロマテラピー利用法、コンサルテーション理論、コンサルテーション実技、カルテ作成指導、ボディトリートメント実技、フェイストリートメント実技などです。

試験合格率は70~80%です。

アロマテラピーに関する資格はどう活かせる?

アロマテラピーに関する資格を取得した場合、どのようなシーンで活用することができるのかご紹介します。

アロマ検定1級(アロマテラピーアドバイザー)の場合

セルフケアや家族、友達など身近な人へアロマテラピーを正しく利用することができます。また、精油や利用方法の知識を活かして、コスメやアロマテラピー関連のショップの店員になることや、正しいアロマテラピーの知識を持つことで、メーカーに勤務することもできます。

医療関係者やスポーツインストラクター、パティシエの仕事にプラスさせて付加サービスを提供したり、環境空間をプロデュースしたりすることも可能となります。

アロマインストラクターの場合

専門知識を活かし、認定スクールやカルチャーセンターの講師だけでなく、イベントの企画をしたり、香りのプロデュースをする人もいます。

アロマテラピストの場合

サロンで働くアロマテラピストになったり、医療機関で働く有資格者もいます。

また、介護や臨床の場で実際にトリートメント技術を活かし、患者さんのケアをする人もいます。ボランティアすることもできるので、働きながら自分の生きがいとしている人もいるようです。

資格は確かな知識の証!アロマテラピーの資格で、活躍の場が広がる

アロマテラピーの資格を取ることで正しい利用法や精油のことを知ることができます。

精油の香りをかぐことで体や心にどのように作用するのか知ることで、自分や周りの人の心身の健康に役立てられます。精油の香りを学ぶと、自分の身体や気持ちに素直に目を向けられるだけでなく、周りの人や環境についても関心が高くなり知見が広まります。

アロマテラピストを目指すことで、人の身体や心について深く考えられるようになりますし、人を癒すことへのホスピタリティが身に付きます。確かなアロマテラピーの知識を持つことで、生活にゆとりが生まれ、また仕事への活躍の場が広がります。

一度、アロマテラピーに関する資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

-資格
-, , , ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.