資格

インテリアコーディネーターとは?試験概要、難易度や合格率、資格取得のメリットは?

更新日:

この記事では、インテリアコーディネーターについてまとめています。

インテリアコーディネーターの勉強をしたら、自分の部屋のインテリアも素敵にできるかも?無資格でお客様にインテリアのアドバイスをしているけれど、やっぱり資格があったほうが、説得力があるかな?

そんなきっかけでインテリアコーディネーター資格に興味をもった方に、インテリアコーディネーターやインテリアコーディネーター資格に関する「基礎知識」をまとめてご紹介します。

インテリアコーディネーターとは

「毎日を自分の好きな空間に囲まれて暮らしたい」

「お店を作るうえで、ポリシーを店舗のインテリアに反映させたい」

「患者様にリラックスして受診いただける病院に」

個人宅、オフィス、店舗、マンションやビルの共有部分、学校…いまや、「インテリアの力」を必要としない空間はないと言っても過言ではありません。「こんな空間にしたい」という思いを言葉として引き出し、具体的なカタチにしてご提案するのがインテリアコーディネーターの仕事です。

「インテリアコーディネート」の仕事は、看護師や税理士のように、資格を持った人でないとできない仕事ではありません。また、独学・無資格でも、インテリアコーディネーターを名乗ることも可能です。

しかし、体系だった勉強をきちんと習得した証明になるのが「資格」です。その代表的&入門として最適な資格が「インテリアコーディネーター資格」と言えます。

インテリアコーディネーターが活躍できるのは業界の幅は広く、資格の認知度も高いため、下記のような業界でお客様とコミュニケーションをとるお仕事を希望される方におススメの資格です。

  • 工務店、建築事務所、ハウスメーカーなど個人宅むけ住宅業界
  • マンション、オフィスビルなどを扱う不動産業界
  • 商業施設を運営する流通業界
  • 家具やカーテンなどインテリアグッズを扱う専門店
  • キッチン、バス、トイレ、外壁材や壁紙など住宅関連の設備業界

インテリアコーディネーター資格の試験概要

インテリアコーディネーター資格は「公益社団法人インテリア産業協会」が認定する民間資格です。

インテリアについての実務で必要な設備についての知識や関連法令・規格などの分野はもちろん、インテリアの歴史や表現方法まで、インテリアに関する幅広い知識をはかるものになっています。

一次試験

マークシート方式

  • 「インテリア商品と販売の基礎知識」(商品と販売)
  • 「インテリア計画と技術の基礎知識」(計画と技術)

二次試験

実技&論述方式

  • 「課題Ⅰプレゼンテーション」
  • 「課題Ⅱ論文」

二次試験では、実際にお客様に御提案するような図面を作成するプレゼンテーションと、依頼主からの具体的なご相談にどのように対応するかを問われる論文形式があります。暗記的な知識習得だけではなく、作図のトレーニングも必要となります。

だからこそ、インテリアコーディネーター資格は民間資格でありながら多くの職場で求められる認知度の高い資格と言えるでしょう。

受験資格

インテリアコーディネーター資格に受験資格はありません。年齢、実務経験、指定の学校の卒業、指定の講習講座の修了といった要件が一切ないため、誰でもチャレンジしやすい資格です。

受験手数料

  • 基本タイプ…14,850円
  • 一次試験<先取り>タイプ…11,550円
  • 二次試験<一次免除>タイプ…11,550円

※インテリアコーディネーター資格試験の受験手数料は、2019年から改定されます。2018年までの受験手数料と異なりますので注意してください。

受験申請受付期間

例年、試験概要が4月上旬に公益社団法人インテリア産業協会ホームページ上で公開されます。7月下旬~8月下旬の1ヶ月間が受験申請受付期間です。

なお、2019年の受験申請受付期間は2019年7月22日(月)〜8月29日(木)です。

試験日程

試験は毎年1回、1次試験が10月、2次試験が12月の日曜日に行なわれます。

  • 1次試験日程:2019年10月13日(日)12:15〜15:10
  • 2次試験日程:2019年12月8日(日)12:15〜15:30

一次試験合格者は、合格した年から3回1次試験を免除されます。2次試験のみの受験申込も同期間です。

インテリアコーディネーターの難易度は?合格率はどのくらい?

誰でも受験にチャレンジできるインテリアコーディネーター資格ですが、その試験は決して「簡単」なものではありません。2014年~2018年の過去5年間の平均合格率は23.44%。4人にひとり合格できるかできないかの難しい試験です。

とはいえ、インテリアに関する業界で経験を積んでいると、普段仕事で使っている用語や知識を活かすことができます。お仕事をしながらでも十分合格を目指せる試験です。

インテリアコーディネーターになるにはどのくらいの勉強時間が必要?

インテリアコーディネーター資格取得を通信教育でサポートする「ユーキャン」ホームページによると、未経験の方がイチからスタートしたときの「標準学習期間」は1日60分~の学習時間で8ヵ月に設定されています。

選ぶ教材、まずは最初の年を一次試験合格のみに絞るのか、スクールに通うのかなどによっても異なりますが、毎日コツコツ勉強を続ければ一発合格を目指せる資格と言えるでしょう。

インテリアコーディネーター試験は独学が可能?

特定の学校の卒業要件や講座の修了は受験要件ではありません。

毎年9000人前後が受験するインテリアコーディネーター資格は、一般の書店で問題集や参考書も売られています。また、試験を行うインテリア産業協会が主催する「インテリアコーディネーター受験対策 通信講座」もあります。

問題集やテキストは法改正などに対応した最新のものを選び、実技がある2次試験の添削をしてくれる通信教育やスクールなどを、上手に取り入れることがオススメです。

インテリアコーディネーターを取得するメリットは?

もっとも気になる、インテリアコーディネーター資格を取得するメリット。特に多くの方が感じる3つのメリットをご紹介します。

趣味を活かした仕事ができる

  • 自分の部屋の模様替えも楽しいけれど、もっといろんなイメージのお部屋のインテリアを考えてみたい
  • 自分の家を購入したときに勉強した知識を活かせるお仕事がしたい

そんなきっかけでインテリアコーディネーターに興味をもってお仕事をはじめている方がたくさんいます。「趣味を仕事にできる!」分野のお仕事です。

未経験でもインテリアに関わるお仕事にチャレンジしやすくなる

「インテリアコーディネーターになりたいけれど、今までの仕事は事務職でまったく実務経験がない…」そんな方が、経験不要で応募できるお仕事に応募するときの強い味方になるのが資格です。

インテリアコーディネーターのお仕事でいちばん大切なことは、「お客様のご要望をうまくすくい取ること」。インテリアの知識以上に、お客様とのコミュニケーション能力が重視されることが多いお仕事です。

さまざまな層のお客様に対応するため、年齢・性別を問わず「インテリアに携わりたい!」という熱意を評価する会社も多数あります。未経験の方が熱意を証明するのに最適な資格と言えます。

正社員・派遣・契約社員など、ライフプランに合わせて求人が選びやすい

活躍の場が広く、求人数も多いインテリアコーディネーターを活かせるお仕事。そのため、正社員はもちろん派遣スタッフ、契約社員、アルバイトなど、雇用形態もさまざまで、勤務地も首都圏から地方まで幅広く募集されています。

結婚や出産、子育て期などライフプランに合わせて働き方を選びやすいのが魅力です。

インテリアコーディネーターのキャリアは?

個人宅のインテリアコーディネート、店舗やオフィスのデザイン担当、設備やインテリアの一部の専門家など、扱うジャンルによって異なります。

まずは、ご自身で「どの分野のインテリアコーディネートを経験したいのか」しっかり考えてファーストステップを選ぶことが大切です。経験を積んで独立し、複数のジャンルの仕事を請けるプロフェッショナルを目指すことも可能なお仕事です。

インテリアコーディネーター資格と関連する資格

インテリアコーディネーター資格と関連して、一緒に取得を目指す方が多い資格を、最後に一覧でご紹介します。

  • キッチンスペシャリスト
  • カラーコーディネーター
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 整理収納アドバイザー
  • インテリアプランナー(要実務経験)

勉強する内容が重なる資格も多いため、興味があれば一緒に学んでより複合的な知識を獲得することができます。

-資格
-

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.