資格

国家公務員一般職とは?試験の難易度、倍率、勉強時間のまとめ

更新日:

この記事では国家公務員一般職についてまとめています。試験の概要、難易度、倍率、勉強時間、年収についての情報を記載しています。

国家公務員一般職とは

国家一般職とは、総合職の方が企画立案した政策を実際に運用していく仕事です

入る省庁・出先機関に応じて仕事内容は大きく異なります。

国家公務員の職種は、「総合職」「一般職」「専門職」に大きく3つの職種にわかれます。

人事院の国家公務員の紹介ページでは、以下のように区分されています。

  • 総合職:政策の企画及び立案又は調査及び研究に関する事務をその職務とする係員
  • 一般職:定型的な事務をその職務とする係員
  • 専門職:特定の行政分野に係る専門的な知識を必要とする事務をその職務とする職員

各省庁ごとのホームページや業務説明会などで、仕事内容の違いを調べて受験に臨むといいでしょう。

(参照)http://www.jinji.go.jp/saiyo/syokai/syokai.html

公務員の種類を解説!国家公務員と地方公務員、職種、試験内容などの違いを解説

国家公務員一般職の試験

国家公務員一般職の採用試験について説明します。

試験区分

国家公務員一般職になるための試験は、大卒程度試験と高卒者試験の2種類があります。

試験区分によって試験内容が異なります。

(大卒程度試験)行政、電気・電子・情報、機械、土木、建築、物理、化学、農学、農業農村工学、林学

(高卒者試験)事務、技術、農業土木、林業

※大卒程度試験の行政区分と高卒者試験の事務、技術区分の場合、勤務地ごとに試験区分が異なるので注意が必要です。

(参照)https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/dai_gaiyou.pdf

試験科目

一般職の試験科目に関しては、人事院のホームページにて出題内容や配点比率などについて詳しく説明されています。

試験には、第1次試験と第2次試験があります。

第1次試験では、基礎能力試験(多岐選択式)、専門試験(多岐選択式)、一般論文試験(行政区分のみ)、専門試験(記述式、行政区分以外)の3つの試験を受けることになります。

第2次試験では、人物試験のみが行われます。

どの試験区分でも、第1次試験の共通能力試験と第2次試験の人物試験の二つは内容が共通しています。

基礎能力試験では、文章理解や判断・数的推理、自然・人文・社会科学の問題が出題されます。また、人物試験では、人柄や対人的能力などについて見られる個別面接が行われます。

ここでは例として大学卒業程度行政区分の専門試験(多岐選択式)の出題内容に触れます。

この試験では、問題が80問出題され、そのうち40題に解答する必要があります。

以下の16科目(各5問ずつ)から8科目を選択し、計40題に解答します。

政治学、行政学、憲法、行政法、民法(総則および物権)、民法(債権、親族及び相続)、ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学・経済事情、経営学、国際関係、社会学、心理学、教育学、英語(基礎)、英語(一般)

試験科目は、試験区分に応じてまったく異なります。

自分が大学で学んだ内容を活かせそうな試験区分を選択することをおすすめします。効率よく勉強するため、試験本番に選択する科目を事前に考えておくとよいでしょう。

(参照)https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/jyukennannnai/jyukennannnai_daisotsuteido_ippannsyoku.pdf

試験日程

一般職の試験日程は、人事院のホームページにて以下のように発表されています。

(大卒程度)※2019年度のスケジュール

  • 受付期間 4月5日(金)9時~4月17日(水)
  • 第1次試験日 6月16日(日) 8時半に受付開始 9時から17時まで
  • 第1次試験合格者発表日 7月10日(水)9時
  • 第2次試験日 7月17日(水)~8月2日(金)
  • 最終合格者発表日 8月20日(火)9時

(高卒程度)※2018年度のスケジュール

  • 受付期間 6月18日(月)9時~6月27日(水)
  • 第1次試験日 9月2日(日)12時50分に受付開始 13時15分~16時55分または17時まで
  • 第1次試験合格者発表日 10月4日(木)9時
  • 第2次試験日 10月10日(水)~10月19日(金)
  • 最終合格者発表日 11月13日(火)9時

上記のように、大卒程度と高卒程度では試験期間が異なります。

採用スケジュール

ここでは、試験に合格してから採用に至るまでの流れを説明します。

国家公務員一般職の採用フローは、大卒程度と高卒程度で異なります。

大卒程度には官庁訪問がありますが、高卒程度には官庁訪問の制度はありません。

各省庁の採用面接を受けに行く形式です。

官庁訪問では、面接を受けるほかに、各府省の職員から業務説明や経験談などを聞くことができます。

高卒程度にはこれがないため、試験を受ける前に業務説明会などに足を運んで、情報収集しておくことが重要だと考えられます。

以下が合格者発表後の採用フローとなっています。

(大卒程度)

  • 7月10日(水) 第1次試験合格発表日、官庁訪問事前予約開始、各府省等業務説明会
  • 7月11日(木) 訪問開始日
  • 8月20日(火) 内々定解禁
  • 10月1日(火) 採用内定

※第2次試験実施期間(7月17日(水)~8月2日(金))は、官庁訪問禁止期間となっています。

(参照)
https://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo/ippan/guide-ippan2019-2.pdf
https://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo/ippan/2019gaiyo_ippan.pdf

国家公務員一般職試験の難易度、試験の倍率は?

国家公務員一般職試験の倍率は、人事院によって公開されています。その数字を試験区分ごとにまとめたのが以下の表です。

かっこ内の数字は女性の人数を表します。

国家公務員一般職試験実施状況(大卒程度試験)

試験区分 申込者数 一次試験合格者数 最終合格者数 一次試験倍率 最終倍率
行政 北海道 1,201(338) 542(163) 363(116) 2.2 3.3
東北 1,786(688) 644(221) 453(170) 2.8 3.9
関東甲信越 11,616(4,435) 2,493(812) 1,696(618) 4.7 6.8
東海北陸 2,945(1,143) 1,133(427) 814(322) 2.6 3.6
近畿 3,953(1,506) 993(380) 749(314) 4.0 5.3
中国 1,585(592) 577(208) 466(178) 2.7 3.4
四国 1,107(476) 378(145) 269(113) 2.9 4.1
九州 3,028(1,208) 972(387) 655(285) 3.1 4.6
沖縄 859(379) 240(84) 186(71) 3.6 4.6
28,080(10,765) 7,972(2,827) 5,651(2,187) 3.5 5.0
電気・電子・情報 590(67) 335(38) 240(28) 1.8 2.5
機械 349(30) 209(16) 153(9) 1.7 2.3
土木 1,659(222) 1,075(134) 750(89) 1.5 2.2
建築 282(97) 152(53) 116(44) 1.9 2.4
物理 399(90) 231(51) 191(43) 1.7 2.1
化学 629(192) 204(42) 130(30) 3.1 4.8
農学 888(351) 372(150) 244(108) 2.4 3.6
農業農村工学 236(78) 179(57) 119(39) 1.3 2.0
林学 470(144) 275(84) 188(62) 1.7 2.5
5,502(1,271) 3,032(625) 2,131(452) 1.8 2.6
合計 33,582(12,036) 11,004(3,452) 7,782(2,639) 3.1 4.3

国家公務員一般職試験実施状況(高卒者試験)

試験区分 申込者数 一次試験合格者数 最終合格者数 一次試験倍率 最終倍率
事務 北海道 608(219) 103(29) 59(19) 5.9 10.3
東北 676(295) 154(69) 112(57) 4.4 6.0
関東甲信越 7,667(2,626) 2,652(977) 1,877(777) 2.9 4.1
東海北陸 550(204) 205(74) 143(59) 2.7 3.8
近畿 886(335) 205(58) 154(47) 4.3 5.8
中国 461(193) 79(36) 56(28) 5.8 8.2
四国 249(104) 47(20) 37(18) 5.3 6.7
九州 1,452(580) 259(115) 172(85) 5.6 8.4
沖縄 322(112) 68(30) 45(23) 4.7 7.2
12,871(4,668) 3,772(1,408) 2,655(1,113) 3.4 4.8
技術 北海道 96(10) 57(8) 48(8) 1.7 2.0
東北 116(21) 78(11) 57(4) 1.5 2.0
関東甲信越 432(49) 231(29) 193(27) 1.9 2.2
東海北陸 117(9) 61(4) 49(3) 1.9 2.4
近畿 90(12) 38(6) 31(5) 2.4 2.9
中国 68(6) 37(5) 30(5) 1.8 2.3
四国 57(9) 28(5) 23(5) 2.0 2.5
九州 205(33) 148(25) 102(19) 1.4 2.0
沖縄 10(1) 4(1) 3(0) 2.5 3.3
1,191(150) 682(94) 536(76) 1.7 2.2
農業土木 226(17) 86(7) 65(7) 2.6 3.5
林業 167(39) 45(11) 33(9) 3.7 5.1
合計 14,455(4,874) 4,585(1,520) 3,289(1,205) 3.2 4.4

(参照)
https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/ippannsyoku_daisotsu/daisotsuteido_ippannsyoku/ippann_daisotu_30.pdf(大卒程度)
https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/ippannsyoku_kousotsu/kousotsusya/ippann_kousotu_kekka_30.pdf(高卒者試験)

平均点や合格最低点は?

試験の平均点や合格最低点も公表されています。以下の表にまとめています。

平均点や合格最低点は年度によって異なりますので、参考程度として余裕のあるスコアを目標に事前準備を行うのがよいでしょう。

国家公務員一般職試験(大卒程度試験)

<合格点>

区分 行政
北海道 東北 関東甲信越 東海北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄
第1次試験合格点 314 333 389 359 386 354 348 348 327
最終合格点 512 497 557 528 561 459 520 524 469
区分 電気・電子・情報 機械 土木 建築 物理 化学 農学 農業農村工学 林学
第1次試験合格点 185 194 209 158 233 335 331 171 277
最終合格点 348 296 326 348 401 487 508 376 456

<平均点等>

・基礎能力試験

満点 40
基準点 12
平均点 19.971

・専門試験(多岐選択式)

区分 行政 電気・電子・情報 機械 土木 建築
満点 40 40 40 40 33
基準点 12 12 12 12 10
平均点 20.640 20.183 18.813 17.224 13.185
区分 物理 化学 農学 農業農村工学 林学
満点 40 40 40 40 40
基準点 12 12 12 12 12
平均点 17.325 15.791 22.467 20.057 18.583

・一般論文試験

満点 6
基準点 3
平均点 4.017

・専門試験(記述式)

区分 電気・電子・情報 機械 土木 建築 物理
満点 8 8 8 20 8
基準点 3 3 3 6 3
平均点 5.776 6.019 5.817 10.401 5.861
区分 化学 農学 農業農村工学 林学
満点 8 8 8 8
基準点 3 3 3 3
平均点 5.588 5.715 5.754 5.236

・人物試験

総合判定段階 A B C D E
標準点 190 148 103 60

国家公務員一般職試験(高卒者試験)

<合格点>

区分 事務
北海道 東北 関東甲信越 東海北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄
第1次試験合格点 394 374 369 344 383 385 372 419 417
最終合格点 581 537 535 502 543 522 528 604 594
区分 技術
北海道 東北 関東甲信越 東海北陸 近畿 中国 四国 九州 沖縄
第1次試験合格点 296 313 296 296 305 296 351 296 322
最終合格点 398 471 398 398 407 407 453 505 471
区分 農業土木 林業
第1次試験合格点 366 426
最終合格点 531 590

<平均点等>

・基礎能力試験

満点 40
基準点 12
平均点 17.091

・適性試験

満点 120
基準点 36
平均点 63.867

・専門試験(多岐選択式)

区分 技術 農業土木 林業
満点 40 40 40
基準点 12 12 12
平均点 15.787 18.647 18.217

・作文試験

満点 6
基準点 3
平均点 4.043

・人物試験

総合判定段階 A B C DまたはE
標準点 188 149 102

(参照)
https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/heikin/shikeng1_heikin.pdf(大卒程度試験)
https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/heikin/shikeng2_heikin.pdf(高卒者試験)

勉強時間はどのくらい必要?独学は可能?

国家公務員一般職の大卒程度試験の一般的な勉強時間は、1000~1500時間と言われています。

また、高卒者試験に必要な勉強時間は、大卒程度の2分の1から3分の2程度と言われています。

およそ500~1000時間程度と考えられます。これだけ、勉強時間の幅が広くなってしまうのは、その人の元々の学力次第になってしまうためです。あくまで参考程度にとらえておきましょう。

試験の難易度は、公務員試験の中で、総合職の次に難易度が高いと言われています。

そのため、予備校に通って勉強を進めている受験者も多くいます。

ただ、予備校に通うのにもそれなりにお金がかかってしまうため、自分が予備校に通うべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

予備校に通わずに、独学で合格できるのか不安になる方もいるかと思いますが、予備校に通わず参考書などで独学で勉強して、合格している受験者は一定数います。

独学のメリットとしては、費用を抑えられることが挙げられます。

独学の場合、自分に必要のない試験科目(大学で学習済みの科目、試験で選択するつもりのない科目など)の参考書は一切購入する必要がなく、授業料もかからないからです。

一方で、学習スケジュール・学習内容の組み立てを自分でしなければならないことが、デメリットとして挙げられます。

予備校では試験日までの学習スケジュールが組まれており、余裕をもって試験範囲の学習が終わるようになっています。また長年の経験に基づき合格のために必要な内容に絞って、学習内容・スケジュールを組んでもらうことが可能です。独学の場合は自分で学習スケジュールを組む必要があり、学習範囲も非効率になってします可能性があります。

スケジューリングや学習のプランニングをするのが苦手な方には、不向きな勉強法と考えられます。

それぞれの勉強方法のメリット・デメリットを踏まえて、学習することが望ましいでしょう。

国家公務員一般職試験対策!勉強スケジュールやおすすめの勉強方法など

国家公務員一般職と総合職の違いは?

試験の違い

一般職と総合職では、試験の難易度はもちろんですが科目にも違いがあります。

例として、一般的な文系の大学生が受験する場合の試験区分の違いについて説明します。

一般職では行政区分のみですが、総合職では政治・国際、法律、経済の3つの区分が用意されています。

一般職の行政区分の場合、憲法や民法などの法律科目、政治学や行政学などの政治科目、ミクロ・マクロ経済学や財政学などの経済科目など多様に試験科目が用意されています。

これらの16の試験科目から8科目を選択して解答します。

一方で、総合職の場合は、法律区分であれば「○○法」の科目が9割を占めています。また、出題科目数は少なく、出題されるほぼすべての問題に解答する形式となっています。

一般職では幅広く基礎的な知識が求められますが、総合職では狭く専門的な知識が求められていると考えられます。

仕事の違い

ここでは、一般職と総合職の仕事の違いについて説明します。

一般職の仕事内容は、法律となった政策を実現するため運用する仕事です。

一般職職員は専門的な仕事を担う場合が多く、中堅幹部候補として昇進していくことになります。

総合職の仕事内容は、中央省庁で政策の企画立案を行うことです。将来の幹部候補として採用される、いわゆるキャリア官僚です。

幹部に必要な能力を養うために、2,3年の短いサイクルで官房、出先機関を移動しながら様々なポジションに就くことになります。全国規模で転勤し、時には海外に行くこともあります。

国家公務員総合職とは?試験の仕組み、難易度、倍率、初任給は?

国家公務員一般職の年収、初任給は?

2019年度の一般職(大卒程度)の初任給は216,840円となっています。

国家公務員全体の月例給は以下のようになっています(平成29年4月1日現在)。

  • 平均年齢43.6歳
  • 俸給 330,531円
  • 地域手当・広域移動手当 42,230円
  • 俸給の特別調整額(管理職手当) 12,360円
  • 扶養手当 10,806円
  • 住居手当 5,748円
  • 単身赴任手当等 9,044円
  • 合計 410,719円

また、ボーナスは

  • 年間4.4ヶ月分が年間2回に分けて(6月、12月)支給される
  • 期末手当(2.6ヶ月分)と勤勉手当(1.8ヶ月分)に分かれており、勤勉手当は人事評価の結果に基づき支給

とされています。

人事院は、https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/pdf/h30_kyuyo.pdfのページにて、役職と年齢ごとのモデル給与例を掲載しています。

参照

最低限知っておくべき国家公務員総合職2次試験対策

国家公務員総合職、教養区分試験対策!試験日程や内容など

-資格
-, ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.