資格

産業カウンセラーとは?試験概要、難易度や合格率、勉強時間、資格取得のメリットは?

更新日:

この記事では、産業カウンセラーについてまとめています。

産業カウンセラーとは

産業カウンセラーとは、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格を持っている人のことを指します。

1992年から2001年までは産業カウンセラー試験は旧労働省が認定する技能審査であったため公的資格でしたが、2001年に技能審査から除外されたため、以降は民間資格となりました。

産業カウンセラーは心理学的手法を用いて、働く人(個人)と職場(組織)が抱える問題を解決できるように支援します。公共職業安定所や学校のような公的な機関から、民間企業、医療機関などさまざまな場で働いています。

日本では心理士や心理カウンセラーなどの心理職には国家資格が存在しない一方、民間の心理学関連の資格は多数存在しますが、その中で産業カウンセラー資格は知名度の高いものの一つです。

近年は働く人が心の病にかかってしまうケースが多いことや、職場でのパワハラ・セクハラといった問題が大きく取り上げられるようになり、産業カウンセラーの必要性が認識されるようになりました。

産業カウンセラーの具体的な仕事内容は大きく以下の3つに分けられます。

メンタルヘルス対策への援助

企業や組織で働いている人の中で、うつ病といった心の病を抱えている人に対してカウンセリングを行います。なかなか他人に言えない心の問題をカウンセリングによって引き出し、当事者に寄り添いながら問題を解決できるよう支援します。

キャリア開発の援助

働いている人がキャリアアップに関する壁にぶつかった際、その悩みに寄り添いアドバイスを行います。

職場における人間関係開発への援助

職場内のいじめやパワハラ、セクハラで悩んでいる人の相談に乗ったり、その対策を兼ねた新たな組織づくりを提案します。また、職場内で円滑なコミュニケーションがとれるよう研修を行うこともあります。

産業カウンセラーの試験概要

産業カウンセラーの試験は学科試験と実技試験に分かれています。学科試験、実技試験のいずれかに合格した人は翌々年度までその試験が免除になります。

試験日程

学科試験、実技試験ともに1月下旬頃です。2019年度の産業カウンセラー試験は学科試験が2020年1月19日(日)、実技試験が2020年1月25日(土)・26日(日)に実施予定です。

合格発表日

3月上旬ごろ

願書申込受付期間

11月中旬~12月上旬ごろまで

受験料

学科試験:10500円、実技試験:21000円

試験内容

学科試験(マークシート:60問/150分)

  • 産業カウンセリング概論
  • カウンセリングの原理および技法
  • パーソナリティ理論
  • 職場のメンタルヘルス
  • 事例検討

実技試験(ロールプレイング、口述試験/30分程度)

  • 産業カウンセラーとしての基本的態度
  • 技法の適切な活用
  • 自己理解的側面
  • 社会的貢献への姿勢及び認識

受験資格

2018年度試験の受験資格は以下のとおりです。詳しくは協会のホームページを確認してください。

  1. 成年に達した者で、協会が行う産業カウンセリングの学識及び技能を習得するための講座を終了した者
  2. 大学院研究科において心理学または心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を関する専攻(課程)の修了者であって、所定の科目を10科目以上、20単位以上取得している者
  3. 社会人として週3日以上の職業経験(雇用形態を問わない)を有し、大学院研究科において心理学または心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻(課程)の修了者であって、所定の科目を10科目以上、20単位以上取得している者

2016年度の試験をもって「学士」による受験資格が廃止となりました。「修士」受験資格(上記2、3)での受験を希望する場合には別途申請が必要になります

産業カウンセラーの難易度は?合格率はどのくらい?

資格取得までの難易度は、大学院課程を修了する必要のある臨床心理士資格や学校心理士に比べると高くありません。

日本産業カウンセラー協会が発表した「2017年度産業カウンセラー試験合否結果」によると、学科試験の受験者数3690人中、合格者は2689人で合格率は72.9%でした。実技試験は受験者数1497人中、合格者は1037人で合格率は69.3%でした。

総合の合格者数は総受験者数(いずれか1科目でも受験した人)3959人中、2600人で総合合格率は65.7%でした。

合格基準も学科試験、実技試験共に満点中おおむね6割以上の得点をとることで合格になります。

産業カウンセラーになるにはどのくらいの勉強時間が必要?

産業カウンセラーの試験の受験資格として「日本産業カウンセラー協会の産業カウンセラー養成講座を修了すること」があり、多くの受験生はこの講座を修了して受験資格を得ています。

この産業カウンセラー養成講座には以前までは「e-Learning制」と「通信制」がありましたが、2019年度から通信制は廃止され、e-Learning制のみとなっています。

e-Learning制の講座期間は6か月コースまたは10か月コースがあります。いずれのコースも講座内容は同じで、受講料は291,600円です。講座内容は、以下の5種類です。

  • 面接の体験学習 昼間コース:15~16日間、夜間コース:33~38日(いずれも104時間)通学
  • ライブ理論講義 2日間(12時間)通学
  • Web配信講義視聴 32時間相当 e-Learning
  • 理解度確認テスト 13時間相当 e-Learning
  • 実習に関する在宅課題6課題 28時間相当 ホームワーク

講座の学習時間を合計すると、189時間となります。この数字は受講時間のため、復習の時間を含めるとだいたい200~300時間程度の勉強が必要になると考えられます。

産業カウンセラー試験は独学が可能?

産業カウンセラーの受験資格を得るために、養成講座の受講か、大学院研究科での指定科目の単位取得が必要です。そのため、独学で産業カウンセラーを目指すことは難しいでしょう。

産業カウンセラーを取得するメリットは?

産業カウンセラーの資格を取得するメリットとして、以下の2つが考えられます。

キャリアの選択肢が広がる

産業カウンセラーの資格は企業からの認知度が高く、求人の応募条件に含まれていることがあります。特に、人材派遣業界、職種では人事職、精神保健担当者の求人条件には含まれていることが多いようです。

産業カウンセラーの資格をもっていると、キャリアの選択肢を広げることができます。

人事部や産業保健部門の仕事内容に役立つ

民間企業の社員の方で、人事部や産業保健部門に配属された際に、産業カウンセラーの資格を取得する方も多くいるようです。また、会社側から取得するように指示がでることも少なくありません。

これらの部署に配属されたばかりで不安な方、仕事の質を上げたい方におすすめな資格です。

-資格
-

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.