IT・WEB・DESIGN

ITパスポートとは?ITや情報処理技術に関連のはじめの一歩に最適

更新日:

この記事では、ITパスポート(iパス)についてまとめています。IT関連の資格のなかで登竜門的存在のITパスポートについてまとめています。

ITパスポートとは

ITパスポートは、社会人が備えておくべきITの基礎的な知識を証明できる国家試験です。ITに関連する仕事に就きたい方、現在の仕事でITに関連する業務を担当している方には相性の良い資格と言えるでしょう。

ITパスポートの試験概要

受験資格

ITパスポートの試験の受験資格は特にさだめられておらず、どなたでも受験することが可能です。

試験日・受験申し込みの期間

試験は全国で随時開催されており、希望日・場所を選択して申込みをすることが可能です。

試験内容

試験時間は120分、小問が100題出題され、出題形式は四択です。

出題分野は、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3分野に大きく分けられます。

  • ストラテジ系:企業と法務、経営戦略、システム戦略
  • マネジメント系:開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント
  • テクノロジ系:基礎理論、コンピュータシステム、技術要素

上記のような分類で出題され、1,000点満点中600点以上であり、かつ上記3分野の評価点がそれぞれ300点以上/1,000点であることが合格基準となっています。

ITパスポートの受験費用は?対策にかかるお金は?

受験費用

試験にかかる費用は、5,700円/回です。合格した場合、合格証明書を発行することが出来、交付手数料が1通700円です。

参考書などにかかる費用

参考書や問題集を一通り学習するのがよいでしょう。1~2冊を学習し、過去問を反復練習しておくのがよいでしょう。

過去問と回答は以下の公式サイトからダウンロードが可能です。

過去問はこちら

ITパスポートの合格率・倍率

ITパスポートの試験の受験者は、平成29年度は84,235人で、合格率は50.4%です。約半数の受験者が合格しています。

年度によって多少のばらつきはあるものの、50%前後の合格率で推移しています。

社会人の合格率は60%前後、大学生の合格率は50%弱程度、専門学校や高校生の合格率が30%前後です。

ITパスポートのメリットは?

ITパスポートは、社会人が共通に備えておくべきITに関する基礎的な知識を証明するためのものです。ITに関連する基礎的な情報を一定水準で学習できるというのがメリットでしょう。

資格取得後は、基本情報技術者、応用情報技術者といったより難易度の高い技術関連の資格取得に励むのもよいでしょうし、IT関連企業のエンジニアとして実務経験を積むのもよいでしょう。

また、そういった技術職でなく営業関連職や企画関連の仕事をしていたとしても、IT関連の知識を学んでおくことは必須で、そのためのペースメーカーとしての役割も期待出来ます。

キャリアに有利に働く?

ITパスポートは、IT活用の基礎的な内容のため、単独で大きな武器になるものではありません。

あくまではじめのステップとしての役割になるでしょう。就職活動や転職活動でも、ITパスポートを持っていることが有利に働くということはあまりないでしょう。

可能性としてありうるのは、IT業界未経験の方が、IT業界で働くための準備・学習意欲を見せるための手段として活用する方法です。

資格単体でキャリアに大きなプラスをもたらすものではありませんが、IT関連の知識を示す最初の一歩として活用できる資格です。

-IT・WEB・DESIGN
-, , , ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.