英語

英語を使った仕事に転職するために有利になる試験や資格は?

更新日:

この記事では、英語を使う仕事に就きたいがそうした経験がない方に向けて、どういった試験が有利になるかをまとめています。

英語を活かした仕事がしたい!そう思った場合に有利な英語の試験は?

英語を使った仕事がしたいと思った場合どうすればよいのでしょうか?

転職で英語を使える仕事に就くためには、多くの場合、英語を使ったビジネスの経験が必要です。

つまり、未経験者は求められません。

矛盾してしまいますが、英語を活用できる仕事に就くためには早期に、英語を使う仕事の経験が必要です。

キャリアの早いタイミングで、未経験でも英語を活用できる仕事を探し、経験を積んでいく必要があります。

多くはありませんが未経験でも英語が活用できるポジションを探し、応募していく必要があります。

そういったポジションに応募する際に、英語力を客観的にアピールできるのが英語の試験です。

経験はなくともスコアがあれば、一定水準の英語力を持っているアピールにもなりますし、学習意欲を示すことにもつながります。※逆に言えば、受験経験がない、スコアが低いといった場合、学習意欲を疑われます。

TOEIC

TOEICは、ビジネスや日常生活で「英語で聞く・読む能力」を測定するテストです。日本人だけで年間約250万人の受験者がおり、スコアによって客観的に英語力を証明することが出来ます。

求人にもTOEICのスコアがXXX点以上といった表記がされていることが多く、高スコアの獲得は転職につながりやすいといえるでしょう。

また社内の昇進・昇給の基準となっていることもあるため、転職以外にも貢献してくれる試験といえるでしょう。

転職時にアピールするのであれば最低でも700点以上のスコア、できれば800点以上を取得しておくとよいでしょう。

TOEICSpeaking&WritingTest

TOEIC Speaking&WritingTestは、「英語で話す・書く力」を測定するテストです。

どういった場面を想定しているかにもよりますが、メールや文書読解以外にも英語を活用する可能性がある仕事やキャリアを志す場合、非常に有効な試験と言えるでしょう。TOEICは900点以上で高スコアだが、話したり書くのは苦手という方も少なくありません。

Speaking&WritingTestのスコアが高ければ実際にコミュニケーションをするスキルも高い方だとというアピールになるでしょう。

TOEFL iBT

TOEFL iBTは、英語を母国語としない人が、アメリカやカナダなどの英語圏の大学・大学院に留学して授業を受けるために必要な英語力を測定するための試験です。

国際標準の英語のテストで、約130カ国、10,000以上の期間で英語能力の証明として利用されています。

日本での知名度はTOEICに劣りますが、世界での知名度はTOEFLが圧倒的に高いです。

試験は、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能で行われ、かなり難易度の高い試験です。

大学や大学院への留学を想定した試験のため、ビジネスというよりもアカデミックな内容が試験に用いられます。

TOEFL iBTでのスコアが高ければ、高い英語力の証明になりますので、非常に有利と言えるでしょう。

※留学を想定しない方が対策をするには負荷がかなり高い試験かもしれません。

TOEFLとは?非英語圏出身者の留学時に英語力を測定するための試験

IELTS

IELTS(アイエルツ)は、留学や海外の移住に必要な4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)の英語能力を評価する試験です。

世界で300万人が受験する試験で、140カ国、10,000以上の機関で利用されています。

TOEFLがアメリカやカナダの大学・大学院で用いられるのに対し、IELTSはヨーロッパ系の大学や大学院・組織で用いられることが多いです。

TOEFL同様難易度は非常に高く、高スコアであれば高い英語力を証明することが出来ます。

※TOEFL同様、IELTSの試験は負荷が非常に高いため、留学を前提として受験される方が多いようです。

IELTS(アイエルツ)とは?試験の形式、TOEICとの違い、留学に必要なスコアについて解説

その他(留学経験など)

試験ではありませんが、留学経験などはアピールに繋がります。

英語を使った仕事自体は未経験でも、上記の試験のスコアが高く海外の大学や学校を卒業している、もしくは長期の留学経験があるという場合、英語でのビジネス経験に劣らない評価となることもあります。

そこまでの経験でなく、短期の留学だったとしても、出来れば現地でどれだけコミュニケーションをする機会があったのかのエピソードも合わせて伝えられるとよいでしょう。

大人になってからでも遅くない!社会人留学とは

まとめ

この記事では英語でのビジネス経験のない方が、英語を活用した仕事につくために有利な試験について解説しました。

アピールできるような留学経験や現在のスコアがない場合は、まずはTOEICを受験し、高スコアを目指すのが最も効率が良いでしょう。

実際にコミュニケーションを取る仕事がしたいという場合、並行してTOEICのSpeaking&WritingTest対策を行うのがよいでしょう。

-英語
-, ,

Copyright© LearnUP , 2019 All Rights Reserved.